ピクシブ百科事典

ウーバ

うーば

特撮作品「電撃戦隊チェンジマン」に登場する怪人・宇宙獣士の一体。
目次[非表示]

「さぁ、私のミルクをお飲み」
「おお姫!シーマ様!」

CV:太地琴恵
登場話:第4話「キスは戦いの後で」 第12話「ママはマーメイド」 第46話「美しきシーマ!」

データ

身長/232cm  (巨大化時/54.3m)
体重/275kg  (巨大化時/1100t)

概要

かつて副官シーマの乳母を務めた大星団ゴズマ宇宙獣士。彼女曰く、「自分の母親のような存在」。

頭部から管を伸ばしてミルクを与え、それを飲んだ生物を人間型生物に変化させる能力を持つ。これによって犬や猫を変化させた猫人間犬人間に人々を襲撃させ、虐げられてきた動物たちの怨みを返す形で地球を掌握せんとした。また、口から白い卵型の爆弾や炎を吐いて攻撃する。

活躍

チェンジグリフォンの目の前で野良猫たちにミルクを与えて猫人間に変え、口からの爆弾で彼を攻撃して猫人間と共に撤退。追いかけてきたチェンジマンをシーマ、ヒドラー兵と共に迎撃、自身は爆弾で攻撃し、シーマのシーバーステッキの閃光によってチェンジマンを撤退に追い込む。その後、猫人間たちが市中で暴走を開始し、止めに入った翔を負傷させる。

さやかは「最初猫を使ったのは長年最も人間の近くにいる動物で実験しようとしたからで、次は犬を使う筈」とウーバの策を予想し、翔が「吉田警察犬訓練学校」にて張り込むが、それすら見透かされており、犬に化けて潜伏した犬人間が翔を捕える。
人間にミルクを飲ませたらどうなるのか、というシーマの期待に応えるべく翔にミルクを飲ませようとするも彼に仕込みブーツで蹴られたため失敗に終わる。それでも犬猫人間に翔を襲わせようとするが、翔は彼らを一か所に集めるための囮に過ぎず、集まった所を捕獲ネットで一網打尽にされてしまう。

戦闘では口から強力な火炎や爆弾を吐いてチェンジマンを攻撃するも、5人のズーカの一斉砲撃に怯み、パワーバズーカを喰らい敗北する(その際、犬猫人間は元の動物に戻った)。

直後にギョダーイの再生巨大化光線を浴びて再生・巨大化。
卵爆弾や、頭部を光らせて異空間を発生させてからの破壊光線でチェンジロボを攻撃するが、チェンジシールドに光線をはね返され、チェンジバルカンを叩き込まれ、最期は電撃剣スーパーサンダーボルトを受け爆散した。

<12話>
シーマの回想シーンにて登場。洞窟のような場所でシーマに自身のミルクを飲ませており、彼女の育った環境の寂寥感を示唆している。

<46話>
こちらでもシーマの回想シーンに登場。幼い頃の彼女と浜辺で仲良く遊ぶ姿が描かれており、シーマが貝を拾ってウーバに笑顔で見せていたのを喜んでいた。

犬人間・猫人間

ウーバのミルクを飲んで人間の姿となった犬や猫たち。通常の犬猫にも戻れるが、口や手の先を獣のそれに変えた半人間態とでも言うべき姿にも変身できる。

関連タグ

宇宙獣士 大星団ゴズマ

関連記事

親記事

宇宙獣士 うちゅうじゅうし

兄弟記事

コメント