ピクシブ百科事典

ミラルカ

みらるか

特撮作品「電撃戦隊チェンジマン」に登場する怪人・宇宙獣士の一体。
目次[非表示]

「来たなチェンジマン。ヒドラー兵、殺れー!」
「はぇ~...?」
CV:鳳芳野
登場話:第22話「鏡に消えた戦士!」

概要

大星団ゴズマ宇宙獣士で、対象を鏡に引きずり込んだり鏡に出入りしたりする能力や、鏡に映った姿そっくりに変身できる能力を駆使する女スパイをそのまま折り曲げて創られたかのような眩い姿を持つ。
作中ではゴズマ屈指の女スパイだが、作中の描写を見る限りかなりのドジッ娘のようである。
また、発光攻撃を繰り出す際には頭頂部が回転する。

活躍

チェンジマーメイド・渚さやかを鏡に幽閉した上で彼女に化け、地球守備隊基地に潜入してその場所を暴くという作戦に従事。しかし通信機器兼カメラとして装着したブローチが第一ゲートにて早速引っかかり、必死に「ゲート機器の故障だ」と弁解するも隊員たちに聞き入れられなかったため、やむなくブローチを破壊。

それでも「優秀な女スパイだから」とゴズマからは信頼されるが、さやかが鏡からブレスレーザーをブーバの剣・ブルバドスに反射させてぶつけ、鏡を破壊したことで彼女の脱出を許してしまう。そればかりか基地に入る前の指紋チェックでさやかの習慣である「指をハンカチで拭く」という行為をしなかったことで偽者であることがバレてしまい、やむなく正体を明かして頭部からの発光で伊吹長官たちの目を眩ませ、鏡に入って彼らをやり過ごす。(映ってるんだから気づけよ・・・というツッコミはNG。)

その後鏡から抜け出し、とある森にて鉢合わせたチェンジフェニックス・翼麻衣を背後から殺害せんとするも、そこに折悪く脱走してきた本物のさやかが登場。ブーバですらどちらが本物だか分からず「(どちらがどちらかの)目印をつけておけばよかった」と悔やむ中、麻衣とさやかは以前特訓で披露した、本人しか知りえない新技を披露し合ったためアッサリ偽者だと見破られる。戦闘では2人のコンビの前に全く歯がたたず、新技・ダブルソードオーロラシューティングを受け怯み、続けざまにパワーバズーカを喰らい敗北。

直後にギョダーイの再生巨大化光線を浴びて巨大化。チェンジロボを鏡に閉じ込めるもアッサリ脱出され、大した抵抗もできず電撃剣・スーパーサンダーボルトを喰らい爆散した。

余談

一流のスパイであるにもかかわらずゴズマの誰もが事前調査に関して意識してすらいなかったためにその割を食う形で醜態をさらすハメになった不遇な怪人。今までは侵略対象の事前調査すらせずに軽々侵略を成功させてきたと考えれば逆説的にゴズマの強力さを証明することにもなろうが、その場合は大物スパイであるという彼女の肩書と経験に大きな疑問符がつくことになるのだが。(ペーパードライバーならぬペーパースパイ?)

デザインを担当した出渕裕氏は、ピカラをより力強そうにした姿を意識してデザインしたと、後に『百化繚乱』にて語っている。

関連タグ

宇宙獣士 大星団ゴズマ
スパイ
ヤンガー&エルダー海賊戦隊ゴーカイジャーに登場したスパイの兄弟怪人。こちらもスパイ活動が稚拙な愛すべき馬鹿である。
バド星人:『ウルトラセブン』に登場した宇宙人。鏡に入り込む能力を持つ点が共通しているが、こちらの活躍もなかなかの残念っぷりである。
ギエロン星獣:腕の形が酷似。

関連記事

親記事

宇宙獣士 うちゅうじゅうし

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ミラルカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15121

コメント