ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

「ホッホッホ、サーンバルカンロボを呼びなさい」
CV:瀬能礼子/演:森永奈緒美(赤バラの剣士)

機械帝国ブラックマグマ一の剣士と呼ばれる女性型機械生命体のひとり。飛羽高之の前に人間態の赤バラの剣士として登場。

センシティブな作品


作中では白バラの剣士に扮した嵐山美佐と交えていた。

サンバルカンたちが揃うと巨大化し、バラ爆弾、バラ地獄を武器としてサンバルカンロボと戦った。一度はオーロラプラズマ返しを破っている。

必殺剣「バラモンガー稲妻落とし」を心得ている。五体の自分の幻を発生させ、連続で切り付ける剣技であり、初戦でサンバルカンロボと対決した際には勝利した。
しかし、美佐=白バラの剣士を破った後、止めを差そうとしてこの技を放った際。飛羽により観察されていた。そのため、五体の幻の最後の一体が本物の自分である事を見破られ、サンバルカンロボとの再戦時には本体を攻撃され、倒されてしまった。

劇中での活躍

今までの機械生命体が敗れた理由は、サンバルカンロボの必殺技「オーロラプラズマ返し」が原因。
そう考えたへドリアン女王とアマゾンキラーが、出撃させる。
当初は「赤バラの剣士」の姿で、山奥で剣の修行中の飛羽高之の前に出現。「飛羽返しが見たい」と、レイピアで切りかかる。互いに切り結び、飛羽の飛羽返しを破る赤バラの剣士。
その剣さばきから、機械生命体と見破った飛羽の目前で変身、バラモンガーの姿を現した。
他の二人も駆けつけ、サンバルカンが揃ったところで巨大化。サンバルカンロボを呼び出させ、対戦。
サンバルカンロボが、太陽剣オーロラプラズマ返しを放つも、バラモンガーはそれを破り、自身の必殺剣技「バラモンガー稲妻落とし」を放ち、勝利する。
破壊は免れるも、エネルギー切れで撤退するサンバルカンロボ。

美佐が「フェンシングにはフェンシング」と言って挑戦しようとするも、皆に止められる。
飛羽は特訓を開始するも、ブラックマグマはその間に無差別攻撃を開始。バルシャークとバルパンサーもまた、バラモンガーの前に敗退する。そして、飛羽は新たな必殺技が編み出せずにいた。

しかし、破壊活動を繰り広げるゼロガールズの前に、「白バラの剣士」を名乗るマスクの女性剣士が出現。ゼロガールズを翻弄していった。
彼女の前に現れた赤バラの騎士は、そのまま白バラの騎士と対戦。実力の差は明らかで、白バラの剣士のマスクを剥がし、美佐の素顔を露わにする。
稲妻落としを放った赤バラの剣士だが、美佐に切り付ける寸前にサンバルカンの邪魔が入った。

そして、再戦するサンバルカンとバラモンガー。
バラモンガーは巨大化し、再びサンバルカンロボと対峙する。
稲妻落としを放つバラモンガーだったが、先刻の白バラの剣士との戦いで、飛羽にその剣筋を見切られていた。今度はサンバルカンロボが稲妻落としを破り、改めてオーロラプラズマ返しを放たれ、バラモンガーは撃破されるのだった。

余談

テレビマガジンのグラビア版ではバラモンガーの頭部にガスモンガーの胴体等を含めたキメラを仮想敵に見立てシミュレーションをしている。
「訓練用に作り出した機械生命体」という設定で、バラモンガーと共通しているのは頭部とレイピアのみ。他はガスモンガーの胴体部や、キカイモンガーの太い刀身の剣などを有している。

久保宗雄によるデザイン画では細身の女性体型だったが、太目のスーツを使って作られたために印象が異なる。

関連タグ

機械帝国ブラックマグマ 機械生命体モンガー 薔薇

怪人バラリンカ…デザイナーが同じ女性怪人。顔出しの役者が演じている。

アニー…中の人が同じ特撮ヒロイン。

ハリガネ邪面…『魔進戦隊キラメイジャー』登場怪人。デザインを担当したK-SuKe氏曰く、幼い頃バラモンガーがトラウマになった経験から、同じように子供たちにトラウマを与えるような不気味な1体になるようデザインした怪人である。

関連記事

親記事

機械生命体(サンバルカン) きかいせいめいたい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「バラモンガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 302

コメント