2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました。

詳細
目次[非表示]

「クワガタ!」
『Deal』
『Delete up!』

「変身!」

『Unknown.(未知なる)』
『Unlest.(混乱が)』
『Unlimited…(越える)』
『仮面ライダーオーバーデモンズ!』

概要

クワガタバイスタンプデモンズドライバーに押印して変身する仮面ライダーオーバーデモンズ基本形態
怪力と防御力に優れる昆虫「クワガタムシ」をモチーフとしている。
開発者の狩崎曰くデモンズの新たなフェーズ」であり、仮面ライダーベイルから得られた各種データを基に制作された形態とされる。
その為、変身時はデモンズを思わせる赤と青の光がベイルよろしく鼓動のように一定のリズムで瞬くエフェクトを背に、クワガタのオーラとアーマーを纏う、というベイルの変身がよりヒロイックになった演出が成されている。

外見

『デリートアップ』


「デモンズ」の名を冠しているものの、外見上の特徴としては寧ろ仮面ライダーベイルの要素が強く現れており、さながら完成版となりよりヒロイックになったベイルか、或いはベイルとデモンズが合体した形態にも見える

腕部と下半身は赤いアンダースーツの上に紺色とシルバーの装甲とデモンズのものを踏襲しつつ、胸部には「横からブロンズのクワガタムシが抱き着いている様に見える」というベイルを思わせるアーマーを装着している。翅を模した半透明の外套や、歩脚部分で表現された飾り糸も共通。

頭部は無骨なシルバーのマスクに黄色の複眼がある点まではベイルと同じだが、新たに淡い水色を基調とした2本のクワガタムシの顎のようなアンテナパーツ「スタッグアンテナ」が追加された。また、ベイルではカブトムシの眼球にあたる部分がガスマスク型の呼吸装置として口元に来ていたのに対し、オーバーデモンズではクワガタムシの眼球部分は右肩の鎖骨付近に配置され、呼吸装置はオミットされている。

ベイルの顔左側に搭載されていたカブトムシの角型レーダーユニットは、クワガタムシの大顎を模したより刺々しい形状の特殊武装「スタッグクラッシャー」となり、突進及び刺突力を上げる役割へと変化している。

リバイスVer

「クワガタ!」

「Come on! クワ・クワガタ!」

「バディアップ!」

「尖った!ダブルカッター!花形!クワガタ!」

スペックも外見も不明。
玩具の音声でのみ確認可能。

リミックス変身の音声は「必殺!新型!この姿!クワガタ!」


スペック

身長200.2cm
体重112.5kg
パンチ力20.9t
キック力45.3t
ジャンプ力49.7m(ひと跳び)
走力3.1秒(100m)


全体的なスペックはスパイダーゲノムよりもやや向上しているといったところ。
公式サイトにおいては仮面ライダーベイルの「かつての兵器然とした圧倒的な破壊力をそのままに、汎用性を高めることに成功している」と記載されているが、実際のスペックはベイルに遠く及ばない範囲に留まっている。
汎用性・量産化が重視されている点を考慮すれば、充分な性能と言う事なのだろうか。

クワガタムシの能力を保有している為、単独での飛行能力が備わっている他、背中から緊急時にはアームの付いたワイヤーの様な物を射出する事で対象を掴んでの曳航も可能(その場合、対象は否応無しに飛行せざるを得ない為かなり荒っぽくなるが)。

総じて、デモンズの名を持ちベイルの特徴を備えているものの、変身のリスクや戦闘時の身体への負担を廃し汎用性を高めたモデルと言える。 その名前と見た目に反して、救助や離脱を目的とした機能を持っているのも特徴である。

必殺技

  • デモンズフィニッシュ

『Charge!』
『デモンズフィニッシュ!』

変身後にクワガタバイスタンプを再度押印し、デモンズドライバーを操作して発動する必殺技。
35話では、背中からクワガタの歩脚を模したアームを射出、五十嵐三兄妹バイスを掴み、右肩部の翅を展開して飛行し撤退した。
尚、コレ以降の単独使用はまさかの無し

クワガタバイスタンプ

無題


「クワガタ!」

発達した大顎の怪力昆虫「クワガタムシ」「仮面ライダーオーバーデモンズ」の意匠をモチーフにしたバイスタンプ。
カラーはスパイダーバイスタンプと共通でマスク部分がブルー、クワガタ部分がレッドとなっている。

他のバイスタンプには見られない特徴として、起動時のシステムボイスがデモンズドライバーと同じくCV:津田健次郎氏となっている。

第46話にて(ネタバレ注意!)

「これは貴女の為じゃない。自分の罪を償い、人々を守る為の……変身です!!」

花「顔が固い!笑え···!」

「クワガタ!」
『Deal』
『Delete up!』

「変身ッッ!!」

『Unknown.(未知なる)』
『Unlest.(混乱が)』
『Unlimited…(越える)』
『仮面ライダーオーバーデモンズ!』

花「足引っ張んないでよ!」
「かしこまりましたーっっ!!」

赤石との戦闘で負荷により療養する事になった光から変身ツール一式を託された玉置豪が遂に変身。大群のギフジュニアデッドマン達に手間取るライダーアギレラに助太刀する。
よく見ると変身時の光の輪がウルフ・デッドマンよろしく赤と橙に変わっており、破片状の装甲が集まってから光の時より比較的高速でクワガタが纏われる(故に若干見え辛く、一部視聴者からはクワガタを纏わず装甲が直接装着されている様に見える)。
変身ポーズもウルフ・デッドマンを彷彿とさせる構えになっており、戦い方もソレの名残かゲノミクスチェンジを用いない豪快で荒々しいファイトスタイルになっている。
初戦闘ながらもいきなり初登場以降強敵として君臨し続けたヘルギフテリアンや復活したデッドマン軍団を相手に肉弾戦のみで圧倒して戦い抜いた。
バトルファミリアでは、バスの中に湧いて来たギフジュニアをバスの外に追い出し、「俺だって!戦える!」と気合を入れ、バスがエリア666から逃げる時間を花達と共に稼いだ。
しかし47話のジュウガとの戦いでは、ジュウガの性能と突然の襲撃の影響か圧倒され、やられてしまった。

立体物

「DXバイスタンプセレクション03」の内容物の1つとして「DXクワガタバイスタンプ」がプレミアムバンダイで発売。
同梱されているのは「アノマロカリスバイスタンプ」。

玩具オリジナルの仕様として、音声切り替えで起動音の声を津田健次郎氏と藤森慎吾氏に切り替える事が可能。また、発光カラーも津田氏の場合は劇中通りレッド、藤森氏の場合はブルーに変化する。
只、津田氏の際は(所謂バイスタンプのボタンを押して起動した瞬間の)電子音が鳴らない。コレは46話で玉置が変身した際の仕様であり、ファンからは「玉置Ver.」と呼ばれている。

関連タグ

仮面ライダーリバイス
仮面ライダーオーバーデモンズ
クワガタムシ

ゲットオーバーデモンズ2022年冬映画に登場する強化形態。

関連記事

親記事

仮面ライダーオーバーデモンズ かめんらいだーおーばーでもんず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31470

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました