ピクシブ百科事典

サイカブト

さいかぶと

沖縄県に生息するカブトムシの一種。または、サイカブト族というグループに分類される昆虫の総称。(画像は南米産のパンカブト)
目次[非表示]

サイカブト(タイワンカブト)

沖縄県および奄美群島に生息するカブトムシの一種。名前はサイのようなやや湾曲した短いを持つことに由来している。また台湾から沖縄県に持ち込まれたと考えられているため「タイワンカブト」とも呼ばれる。

サトウキビパイナップルを食い荒らしたり、幼虫ヤシの中に入り込んで、ヤシの木を枯らしてしまうので、農作物害虫として扱われることが多い。

サイカブト属のカブトムシは、日本にはヒサマツサイカブト大東諸島に、世界にもヨーロッパサイカブト(ヨーロッパ)やギガスサイカブト(アフリカ)などがいる。
おおむね小型~中型種で地味な種類とされるほか、植物防疫法に引っかかる恐れもあるためか飼育人口は多くない。

甲虫王者ムシキングシリーズには登場しない(同属世界最大種のギガスサイカブトが登場している)。

サイカブト族

頭角がサイの角のように湾曲するカブトムシの1グループ。サイカブト属の他にパンカブト属、メンガタカブト属など20以上の属が分類される。

総じて樹上よりは地上で生活することに適していると思われ、足が太く短い。
ケンカにおいては一般的なカブトムシの仲間(真性カブトムシ族)のように相手を持ち上げて投げ飛ばすことはせず、押し合うようにする。(なお新甲虫王者ムシキングの激闘6弾においてはパンカブトが垂直な木にしがみ付き、ノコギリクワガタを持ち上げるイラストが描かれているものの実際にはパンカブトの脚力からして不可能な描写である。)
一部の種類ではメスにも小さな頭角がある。

主な属

サイカブト

メンガタカブト

ヘラヅノカブト

ミツノカブト

パンカブト

関連記事

親記事

カブトムシ かぶとむし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サイカブト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 933

コメント