ピクシブ百科事典

シカクワガタ

しかくわがた

クワガタムシのグループ群のひとつ。
目次[非表示]

クワガタムシのグループ群のひとつ。
中国東南アジアインドなど、アジアの広範囲に分布している。

大アゴが大きく、鹿の角のようになっているのが特徴。
系統的にはノコギリクワガタフタマタクワガタに近く、生態面にも類似点が多く見られる。

奇抜な大アゴと背中の模様から、そこそこの人気がある。

一部の種類は甲虫王者ムシキングシリーズに参戦している。カードの説明文には「普段はおとなしい」と書かれているが、現実にはわりと気が荒いことが多いので注意。ただし喧嘩が長引くのを嫌い、長期戦になりそうになったら身を引く一面もある。

主なシカクワガタ

アマミシカクワガタ

奄美大島徳之島に生息する。日本に生息している唯一のシカクワガタ。

シカクワガタ(基準種)

中国からインドまで生息する。この仲間の基準種。

タイワンシカクワガタ

台湾に生息する。基準種とは亜種関係。

スペキオシスシカクワガタ(スペキオススシカクワガタ)

東南アジアの大陸部(タイベトナムなど)に生息。背中の模様が濃い。基準種およびタイワンシカクワガタとは亜種関係。

甲虫王者ムシキングに参戦している。(旧)つよさ100→()N。必殺技は「(スーパー)ランニングカッター」→アダー完結編以降は「(スーパー)ロデオ」。

ディディエールシカクワガタ

メイン画像のクワガタ。マレー半島に生息するシカクワガタ属最大種。大アゴの湾曲とセアカフタマタクワガタのような羽の模様が特徴。
甲虫王者ムシキングに参戦している。詳細は当該記事を参照。

オオシカクワガタ(ウエストウッドオオシカクワガタ)

ネパールブータン、インド北部に生息。ファンの間ではウエストウッディとも呼ばれる。光沢のある黒一色の体が特徴。
日本への入荷は少なく、飼育は難しいとされる。
以前はシカクワガタ属であったが、最近は1属1種の「オオシカクワガタ属」として分類されている。

新甲虫王者ムシキングに参戦している。旧作未参戦の甲虫としては初の新規参戦となった。階級はSR。必殺技は「オオシカスクリュー」。
なお「激闘1弾」では「オオシカクワガタ」から「ウエストウッドオオシカクワガタ」に名義が変更されるほか、SSRに覚醒する。覚醒後の必殺技は「アヴァランチスクリュー」。

関連項目

クワガタムシ
ノコギリクワガタ属/フタマタクワガタ属…近縁種

pixivに投稿された作品 pixivで「シカクワガタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 322

コメント