2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

1937年4月22日生まれ。アメリカ合衆国ニュージャージー州出身の俳優、プロデューサー、映画監督。(ジャック・ニコルスンと表記される事もある。)
1958年に映画デビューし、1969年に『イージーライダー』で注目を浴びる。以降、『チャイナタウン』『カッコーの巣の上で』、『シャイニング』、『バットマン』、『ア・フュー・グッドメン』、『ディパーテッド』など多くの作品に出演し、ハリウッドでの地位を不動の物にする。
2010年以降は事実上の引退を表明した。

デビューから今日に至るまで数々のアカデミー賞ゴールデングローブ賞を受賞し、引退後も多くの俳優から多大なる尊敬と賞賛を集める人物である。

人物

1962年に結婚し、長女を授かるが1968年に離婚。以来、女性関係で騒がれたり、子どもを2人儲けたりしているが、基本的に独身を貫いている。過去には隠し子騒動も起きているが、現在は円満に解決している。

バスケ好きとしても知られている。特にNBAロサンゼルス・レイカーズの大ファンであり、レイカーズの試合は欠かさず観戦している。

美術にも造詣が深く、ジャック・べトリアーノアンディ・ウォーホルといった20世紀美術のコレクションを所有している。また、若手時代に生活費を稼ぐためにMGMで勤務していた際、ハンナ・バーべラの両人から芸術的才能を買われ、スカウトされたことがある。


そのキャリアから、多くの著名人と交友関係を持つ。

マーロン・ブランドを尊敬しており、演技において強い影響を受けたことを度々述べている。若手時代にはブランドの代表作の1つ『波止場』での演技力に感銘を受け、何度も鑑賞したという。また、ブランドもニコルソンを賞賛しており、ブランドとは生涯公私共に親しい仲だった。
同期のデニス・ホッパーモーガン・フリーマンの他、共演したピーター・フォンダダニー・デヴィートロバート・デ・ニーロトム・クルーズレオナルド・ディカプリオなどといった俳優陣と親交がある。
シャイニング』で監督を務めたスタンリー・キューブリックからはその演技を絶賛された。また、ニコルソンもキューブリックの手腕を高く評価している。その後何年にも渡り、今後の映画やプロジェクトについて連絡を取り合うなど交流が続いたが、1999年にキューブリックが亡くなったため、2人がタッグを組んだ作品はこの他に製作されることはなかった。ニコルソンは「もっと一緒に仕事をしたかった」と別れを非常に惜しんだ。ちなみにキューブリックが生前熱望していた企画『ナポレオン』の配役には元々ニコルソンが考えられていたという。

並外れた演技力

ハリウッド界の怪人

彼はアクションスターではないので、殴り合いやド派手なアクションがある映画にはほとんど出たことはない。
では彼が一体何に秀でて、ここまで上り詰めたのか?
それは、彼の並外れた演技力に尽きる。彼に抜擢される役はどれもまともな役ではない。
アル中、女ったらし、狂人、悪魔役……この手の役を演じれば、そこはもう彼の独壇場である。
彼の演技力に押されて、見ている観客が作品に飲み込まれてしまうほどである。
特に映画『シャイニング』は必見である。

代表作品

  1. シャイニング / ジャック・トランス
  2. バットマン / ジョーカー / ジャック・ネイピア
  3. マーズアタック / ジェームス・デイル大統領
  4. カッコーの巣の上で/ ランドル・パトリック・マクマーフィー
  5. ア・フュー・グッドメン/ネイサン・R・ジェセップ大佐
  6. 恋愛小説家/メルヴィン
  7. チャイナタウン/ジェイク
  8. イージーライダー/ハンセン
  9. ディパーテッド/フランク・コステロ
  10. 最高の人生の見つけ方/ エドワード


関連イラスト

Here's Johnny!
Go with a Smile!



関連タグ

俳優 ハリウッド

関連記事

親記事

男優 だんゆう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 234048

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました