ピクシブ百科事典

ジョーズワニ(Ⅰ世/Ⅱ世)

じょーずわにいっせいにせい

仮面ライダースーパー1に登場するワニ型改造人間の名称。
目次[非表示]

「このジョーズワニが、佐野博士ともども地獄に送り込んでくれるわ!」
「言え、言わないとお前の頭を噛み砕くぞ‼」
CV/八代駿

概要

仮面ライダースーパー1』第11話「SOS!一也よ、ドグマに協力せよ!」に登場するワニ改造人間。普段は人間態であるジョー鰐口(演:三井恒)という名の青年の姿を取っている。

佐野博士を強制的にドグマ王国に協力させ、自身のパワーアップ用アイテムとして、外気に触れるとあらゆる生物を喰らい自己増殖する『強化用人工細胞X9』を開発させた。

しかし、その恐ろしさに身震いした博士が組織を裏切って脱走した為、それを取り返そうと出動する。その途中で偶々沖一也と遭遇してしまい、彼と争っているそのどさくさに紛れて『強化用人工細胞X9』を収めた純金のトランクケースを何も知らない引ったくりに奪われてしまった為に一也と一時停戦協定を結び、彼と協力して『強化用人工細胞X9』を奪い返そうと奔走する。

ジョーズワニⅠ世

ジョーズワニの最初の姿。体色は色で、の色は色。

主な戦力はワニのシッポの形状をした左腕で、これをのように使って敵を打ちのめして攻撃する。

必殺技は、相手に噛み付いて放電する「ジョーズショック」。また、キック攻撃を得意としており、脚力を活かして猛スピードでターゲットを追いかけることが出来る。

ジョーズワニⅡ世

ジョーズワニⅠ世が『強化用人工細胞X9』を取り込みパワーアップした姿。
眼の色が赤から黄色へと変わり、左腕が色に、体色がっぽく変化している。

『強化用人工細胞X9』の力により、敵からのあらゆる攻撃を吸収して自身の力へと変換することができる恐るべき怪人

しかし冷気にはめっぽう弱いようで、最後はスーパー1の『冷熱ハンド』のフルパワーで放出された冷凍ガスで凍らされた所へ『スーパーライダー閃光キック』の直撃を喰らい『強化用人工細胞X9』諸共吹き飛んで滅び去った。

関連項目

ドグマ怪人 ドグマ王国 ワニ 仮面ライダースーパー1

コメント