ピクシブ百科事典

ターレットトラック

たーれっととらっく

構内輸送用に使われる運搬車。築地など大きな市場がある所でよく走っているあれ。
目次[非表示]

概要

倉庫市場内の輸送に使われる車両。動力部そのものが回る構造のため小回りが利くことが特徴。


pixiv内ではシチュエーションネタの程度の相違こそあるものの、このターレットトラックが関連するイラストが投稿されている。

構造・操作

円筒形の旋回可能な動力部と、それに続く車台(運転台と荷台)からなる輸送車両。動力部が旋回(ターレット)できるため、この名前がついている。
動力部分であるターレットに操舵装置(動力部分そのものを回す)、駆動輪、動力源(エンジンモーターなど)全てを搭載している。運転する際は、ターレットに続いている車台の前端寄りにある運転台に立って(簡易的な腰掛けが付いていることもある)ハンドルの内側にある一回り小さいハンドル状のスロットルとブレーキペダルで加速・減速・停止を制御し、操舵はターレットそのものを回す。そのため操舵は非常に重く力が必要。その反面ターレットが360゜廻るため小回りが利き、ターレットを90゜廻すとターレット部の進行方向は真横になるため旋回半径は最小になる。
後述の自動車としての登録を考慮してか最大速度は15km/h程度の機種が殆ど。また、目的によって荷台を有するものと牽引専用(※)のものがあるが、現在は荷台を有するものが主流。


・・・郵政省(当時)の鉄道郵便事業や国鉄(当時)の荷物輸送事業における構内輸送に多く使用されていた。牽引専用のものはターレットトラックとは呼び名が異なり「ターレットトレーラー」と呼ばれる。

動力

動力源はガソリンエンジン天然ガスエンジンが主流だったが、最近は電気モーターを使用したものが増えている。食品を扱う場所や換気の悪い場所では電気モーター車の採用が増えている。電気モーター車のラインナップは軽自動車規格以上の市販EVと多少異なり、インバータ制御の三相交流モーター車の他にチョッパ制御の直流モーター車もある。

自動車としての登録

自動車として登録可能な機種が多く、その際は小型特殊自動車に分類される。ただし一部登録できない機種もある。また車体寸法によっては俗に「新小型特殊自動車」と呼ばれる区分があり、登録は小型特殊自動車だが免許は大型特殊免許が必要なものがあるので、車体寸法には注意が必要

小型特殊免許で運転できる寸法内に収まっていれば、小型特殊またはその上位免許を持っていれば運転でき、原付免許以外はすべて小型特殊またはその上位免許に該当するので、原付免許以外の運転免許が1つでもあれば運転できる。
自動車としての登録や運転免許の対象となるかどうかは、走る場所が法律上道路とみなされる場所か否かによって決まるので、走る場所がどういう場所か注意が必要。

名称

「ターレットトラック」は株式会社朝霞製作所の登録商標であるが、「宅急便」(ヤマト運輸株式会社の商標)や「圧着端子」(日本圧着端子製造株式会社の商標)の様に一般的な名称として使われている。
一般的な呼び名ではあるが、登録商標なので他社では当然商標が異なる。

社名商標
富士重工業モートラック
ニチユ三菱フォークリフト(※1)エレトラック
関東機械センターマイテーカー(※2)
注:各社へのリンク(外部リンク)は各社トップページへのリンク

補足

※1・・・旧:日本輸送機(現在は三菱重工のフォークリフト部門と事業統合)
※2・・・英字綴りでは"Mighty Car"だが、その読みである「マイティーカー」という名称では関連会社の社名と重複する事が多いため「ティ」と「テ」の読みの区別の無かった頃の発音になっている。

関連タグ

乗り物 輸送 市場

pixivに投稿された作品 pixivで「ターレットトラック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12262

コメント