2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ダムド

のろわしきかな

英単語「damned」のカタカナ表記。バンド名、映画のタイトル、キャラクター名等にも使用されている。
目次[非表示]

曖昧さ回避


英単語の「ダムド」

"damned" には、「酷い」「呪わしい」「忌々しい」「罰当たり」等の意味がある。
"damn" (「呪う」「毒づく」「罵る」) + "ed" 。
※キャラクター名としては悪役や危険な存在に付けられることが多い。

バンドの「ダムド」

1976年に結成されたイングランド出身のパンク・ロック・バンド。
日本では、セックス・ピストルズザ・クラッシュと共に「三大パンク・バンド」とされる。
ピストルズクラッシュと違い歌詞に政治的メッセージを込めることは少なく、ストゥージズMC5の流れを組むラウド性急な演奏が特徴であり、後のハードコア・パンクに影響を与えた。
初期はデイヴ・ヴァニアン白塗りキャプテン・センシブルセーラー服着ぐるみなど、馬鹿馬鹿しく笑えるバンド・キャラクターを持っていたが、後年はゴシック趣味が加味されていった。

略歴

1975年、マルコム・マクラーレンクリッシー・ハインドボーカルに据えたバンド「マスターズ・オブ・ザ・バックサイド」を仕掛けるがうまくいかず、クリッシー・ハインドを解雇して新メンバーを加入させ、バンド名を「The Damned」とした。
1976年、スティッフ・レコードと契約に成功し、シングル「ニュー・ローズ」でロンドン・パンクのバンドとして最初にレコードデビューを果たす。メンバーはデイヴ・ヴァニアン(ボーカル)、ブライアン・ジェイムスギター)、キャプテン・センシブル(ベース)、ラット・スケイビーズドラムス)。
1977年、1stアルバムの「地獄に堕ちた野郎ども」、2ndアルバムの「ミュージック・フォー・プレジャー」がリリースされた。ラット・スケイビーズが脱退。
1978年、メンバー間の意見の相違により解散。しかし、同年中に再結成される。メンバーはデイヴ・ヴァニアン(ボーカル)、キャプテン・センシブル(ギター)、アルジー・ワード(ベース)、ラット・スケイビーズ(ドラムス)。
1979年、シングル「ラヴ・ソング」が大ヒット。同年に発表された3rdアルバム「マシンガン・エチケット」がダムドの代表作とされることも多い。
その後は頻繁なメンバー・チェンジ、活動休止・再開を挟みつつ、現在も存続している。

関連タグ

洋楽 ロック パンクロック

関連記事

親記事

曖昧さ回避 あいまいさかいひ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 126294

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました