ピクシブ百科事典

ドーラゴブリン

どーらごぶりん

ドーラゴブリンとは、恐竜戦隊ジュウレンジャーに登場するドーラモンスター。
目次[非表示]

「俺の音楽を聞かせてやる!」
CV:河合義雄

概要

プリプリカンが創り出したドーラモンスターで、本人も「久しぶりの傑作」と自慢する。
ヴァイキングのような衣装を身に着けた姿をしており、現実のゴブリンと同じくその姿は子供には見えるが大人には見えない。しかし靴を左右あべこべに掃くと大人でも見えるようになる。

アコーディオン奏者であり、その音色を聞いた子供を「ゴブリンサロン」という迷いの世界行きのバス停へとワープさせ、子供たちの心を抜き取って食料にしてしまう。
またこのアコーディオンを演奏することによる爆発や、ビームを発射する巨大な熊手を武器にする。

活躍

トットパットと協力し、アコーディオンの音色で子供たちをゴブリンサロン行きのバス停に誘い出し、バスに乗った子供たちの心をバス料金と称して抜き取っていき、トットパットが調理した料理にしていた。さらに自身の特性を生かし、大人であるジュウレンジャーたちに視認ができないのをいいことに被害を拡大させていた。

食後、睡眠に入ったところを妹の美知子救出のためにやってきた徹少年が靴をあべこべに掃かせようとしたが、魔女バンドーラに起こされてしまい失敗。しかし足跡から自分のいる場所を見抜いたゲキの口車に乗ったせいで自分から靴をあべこべに掃いてしまいジュウレンジャーに姿が見えるようになってしまう。これにはバンドーラも「もうドジ!マヌケ~!」と大激怒。
アコーディオン演奏による爆発と熊手で苦しめたが、変身したジュウレンジャーの連帯にひるみハウリングキャノンを受け爆発した。

直後、バンドーラが投げつけたドーラセプターによって大地に眠る悪霊の力で巨大化。
アコーディオンで演奏によってビルや岩に化けての突進や角からのビームで大獣神を攻撃するが通用せず、超伝説電光斬りを受け爆死。それによって食べられた子供たちの心はすべて子供たちのもとへと戻った。

余談

モチーフは言うまでも無くゴブリンで、服装はヴァイキングをイメージしている。

声を演じた河合氏は第2話でもドーラスケルトンの声を担当しており、続く第13話のドーララドゥーン、第44話のドーラキマイラの声も演じている。

関連項目

恐竜戦隊ジュウレンジャー バンドーラ一味 ドーラモンスター
ゴブリン

関連記事

親記事

ドーラモンスター どーらもんすたー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ドーラゴブリン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 392

コメント