ピクシブ百科事典

マザルガス

かおすへっだーのてき

マザルガスとは、『ウルトラマンコスモス』に登場する怪獣である。
目次[非表示]

データ

  • 身長:58m
  • 体重:7万5千t
  • 別名:天敵怪獣
  • 出身地:宇宙

概要

第51話「カオスの敵」に登場。
蓋のように開くことが出来るキノコのような頭に鳥のようなを持った宇宙怪獣
体内にカオスヘッダーを消化する酵素「カオスキメラ」を持っている為カオスヘッダーに憑依されることはなく、逆に頭の口でカオスヘッダーを喰ってしまう。この口はカオスヘッダーだけでなく相手が発射した光線をも吸収する事が出来る。また口からは空中で拡散する光弾を吐く。

球体のような形態に変形して空を飛び、カオスヘッダーがいない時は地底に潜っている。

カオスヘッダーを追って地球に襲来し、その能力からカオスヘッダーへの対抗手段としてEYESによって捕獲作戦が行われる。しかし、上記の能力で捕獲に苦戦した上に、カオスヘッダーに陽動され統合防衛軍の弾薬庫に近づいてしまったため攻撃対象とみなされ(※)、「怪獣殲滅兵器ダビデス909」を打ち込まれカオスキメラが消滅。カオスヘッダーに憑依されカオスマザルガスになってしまった。この時に食われたカオスヘッダーが一度体内から飛び出し、本体に還ってから再憑依している(マザルガスのデータをコピーしていたのであろうか?)。

ウルトラマンコスモスによってカオスヘッダーを追い出され元のマザルガスに戻ったが、その直後に力尽き死亡。亡骸はコスモスによって宇宙へと運ばれた。
ダビデス909は怪獣の細胞核を破壊し細胞レベルで瞬時に死に至らしめる兵器であり、カオスヘッダーに取り憑かれた時点でマザルガスは既に生ける屍も同然と化していたのである。
しかしこの一件から、対カオスヘッダー用兵器として成分を人工的に合成した人工カオスキメラが開発される事となる。

※この回においては防衛軍もカオスヘッダーに対抗できる手段として、マザルガスの捕獲に(被害を最小限に食い止めるという条件付きで)賛成していたが、タカ派の西条武官だけが被害が出ることも許容した捕獲に断固反対していた(もっとも、ダビデス909の開発者であるハズミ教授曰く、ダビデス909を早く試したいのもあったらしい)。
防衛軍の弾薬庫が破壊されれば周辺が火の海になる危険性があったとはいえ、ウルトラマンコスモスが暴れるマザルガスを止めようと現れたにも拘わらず、西条はダビデス909の使用を強行した。
ただしこの時マサルガスはもう弾薬庫のすぐ傍であり、現れたウルトラマンコスモスは一瞬で吹き飛ばされ、マサルガスが弾薬庫に突き進もうとするところでの発射であることは明示しておきたい。コスモスもマサルガスが撃たれ倒れた後でようやく手を伸ばすような状態であり、防衛軍が撃たなければ、或いは撃つのが遅れれば、生きた、或いは死亡しながらもマサルガスの手により弾薬庫が破壊されていた可能性が高かったという、撃つのもやむなしな状況に追い込まれてしまっていたのである。
この時、マザルガス捕獲に賛成だった佐原司令官は、マザルガスがこのまま暴れた時の被害を考えて西条の行動を止めなかったものの、マザルガス死亡後はハズミ教授が防衛軍から離脱するのを止めなかった(ヒウラが西条を殴り飛ばした事には驚き咎めた)。
カオスヘッダーもまた、このような人間同士の対立を利用してマザルガスを倒させた狡猾さが垣間見える。

カオスマザルガス

カオス怪獣 カオスマザルガス


  • 身長:60m
  • 体重:7万5千t
第51話「カオスの敵」に登場。
ダビデス909を打ち込まれたことでカオスキメラを失ったマザルガスがカオスヘッダーに憑依された姿。

他のカオス怪獣達同様赤い突起が頭部から生えた他、鳴き声も変わった。

口から吐く光弾で暴れ回ったが、コスモス・エクリプスモードのエクリプスブレードでカオスヘッダーを追い出され元のマザルガスに戻った。

派生作品

ウルトラマン超闘士激伝新章』では子供の個体が登場。
エンペラ星人の居城「皇帝空間」に迷い込んでしまい、闘士ウルトラマンコスモスに保護される。危機感が無くかなり腕白であり、闘士ウルトラマンエースに悪戯を行っていたが、コスモスに一喝され反省。最後はコスモスにより仲間のもとに帰ることが出来た。

余談

鳴き声は『ウルトラマンティガ』に登場したメルバの流用。

マザルガスの頭部の口は、特技監督の佐川和夫からの提案により取り入れられた。

関連項目

ウルトラマンコスモス
ウルトラ怪獣
カオスヘッダー

関連記事

親記事

ウルトラマンコスモス うるとらまんこすもす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「マザルガス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「マザルガス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2049

コメント