ピクシブ百科事典

マヤブラ

まやぶら

マヤブラとは、アプリ・アニメ「ウマ娘プリティーダービー」におけるマヤノトップガンとナリタブライアンのコンビ・百合カップリングタグである。
目次[非表示]

概要

「マヤブラ」とは、アプリ・アニメウマ娘プリティーダービーにおける、マヤノトップガン(ウマ娘)ナリタブライアン(ウマ娘)百合(GL)カップリングである。
互いの呼称はそれぞれ「ブライアンさん」「マヤノ」。
マヤノトップガンは中等部、ナリタブライアンは高等部の生徒であり、先輩と後輩の間柄ではあるものの、マヤノは敬語を使わずブライアンもそれを咎めない。
二人の身長差は17cmとかなり大きく、それを題材にした二次創作も多い。

作品内での扱い


アニメ

OVA『BNWの誓い』において阪神大賞典での二人の熱戦の様子が回想された。

ラジオ

「ぱかラジッ!〜ウマ娘広報部〜」第50回にて、マヤノトップガンと同室であるトウカイテイオーの口から「マヤってば、そもそもいつもブライアン先輩の所とかいろいろな部屋に泊まりに行って」という発言が飛び出している。このラジオはアニメ放送より前である2017年に公開されたものであり、プロジェクトの初期から2人について設定が練られていたことが窺える。

アプリ

キャラ名

アプリではキャラ名の前にそのウマ娘の性質•信条を表す称号が設定された状態で実装されるのだが、ナリタブライアンの称号は「Maverick」となっている。これは英語で『焼印の押されていない仔牛』を意味し、転じて『群れから離れた者』『孤独を好む者』『一匹狼』を表す(Wikipediaより引用)。
一方、マヤノトップガンのモチーフとなった映画『トップガン』の主人公のコールサイン(軍隊内での呼び名)も同様に「マーヴェリック」である。
ナリタブライアンの性格を端的に表しつつ、2人の繋がりがさりげなく示されている。


マヤノトップガンの育成シナリオ

天才肌であるがゆえにレースの魅力・目標といったものをハッキリと見つけられないマヤノトップガンだったが、ナリタブライアンと出会ったことで走る意味を見出し奮闘する姿が描かれており、ライバルである彼女を超えて引退を阻止することがマヤノにとっての大きな目標になっている。当初は子ども扱いされていたマヤノだったが、シナリオの終盤では実力を認められて併走を申し込まれている。

ナリタブライアンの育成シナリオ

シナリオの本筋にはあまり関わらないものの、二人がトレーナーと共に買い物に行くイベント等が存在する。

メインストーリー

メインストーリー4章の主人公としてナリタブライアンの活躍が描かれ、阪神大賞典での二人の熱戦がストーリーのクライマックスとなった。ストーリー中盤、年度代表ウマ娘のインタビューを受けたマヤノが「自分を熱くしてくれる相手」としてナリタブライアンを名指しするシーンが存在し、ライバルとしての二人の関係性に焦点が当てられている。

Half Anniversary

アプリのリリースから半年を記念したストーリーの第1話。記念ライブ開催の為の激務に追われる生徒会メンバーのサポートとして、マヤノトップガン・オグリキャップタイキシャトルの3人が生徒会室に現れた。長時間の会議に不機嫌だったナリタブライアンだが、手伝いに来たマヤノ達を見てからは一転して明るい表情を見せている。
記念ライブ後の慰労パーティーを描いた10話では珍しくナリタブライアン側から話しかけ、食事の偏りに対して注意している。

イベント「晩秋、囃子響きたる」

イベントストーリーの第2話。バス移動中のカレンチャンの余りのはしゃぎっぷりに苦言を呈するナリタブライアンだったが、同じく常に大はしゃぎなマヤノとの関係性を指摘され閉口している。

イベント「聖なる夜に重なるキセキ」

友人であるマーベラスサンデーと共に雪合戦を楽しむマヤノが「マーヴェリック•スノウボール」という必殺技?を放っている。同時期に映画『トップガン マーヴェリック』の広報にマヤノトップガンが起用されたこともあり、その宣伝と「マーベラス」への意趣返しを兼ねたセリフだと思われるが、上記の名前の件を踏まえたものだとも取れる。

Make a new track!!

3月前半に発生するイベント「ターゲット補足☆」では、バレンタインに渡したチョコのお返しを求めるマヤノトップガンに対してブライアンは併走を申し出ている。マヤノトップガンが渡したチョコレートの銘柄『しょこらずtime』は、史実での二頭の父親ブライアンズタイム(後述)を想起させるネーミングとなっている。

その他

ホーム画面では互いに言及したボイスが存在する。
チャンピオンズミーティングの際に確認できるインタビューでは、互いをライバルとして強く意識しているような文面が見られる。

余談

史実でのマヤノトップガンナリタブライアンは、どちらもブライアンズタイム産駒である。
ただし競走馬の兄弟姉妹関係は「母馬が同じこと」を基準に決められるので(父側の種牡馬は多い場合で生涯で1000頭以上の子を残すため、同父を基準にしていると数が膨大すぎて兄弟姉妹の尺度として役に立たないため)、ウマ娘においても2名は兄弟とは扱われていない。
史実では共に年度代表馬。3度対戦しブライアンの2勝1敗。特に2戦目となった1996年の阪神大賞典は平成の名勝負と呼ばれている。

また、ウマ娘において、当初設定されていた声優から変更になった娘たちが2人だけいるのだが、その2人というのが奇しくもこのコンビとなっている。

また、映画『トップガン マーヴェリック』の宣伝パイロットであるマヤノトップガンが、ナリタブライアン(キャラ名の項目で触れたようにマーヴェリック繋がり)と一緒に映画の魅力を伝える動画が公開された。もしかしたら一緒に映画を見に行くのかもしれない。


関連イラスト

おそろい
あなたの花嫁さん
マヤブラlog
マヤブラlog2
マヤブラ
ブライアンさんの髪飾り!



別名・表記ゆれ

ブラマヤ ブラトップガン:マヤブラの逆カップリング

この記事のカテゴリ

百合 おねロリ ウマ娘百合ティーダービー

関連記事

親記事

ウマ娘のコンビ・カップリング・グループタグ一覧 うまむすめのこんびかっぷりんぐいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「マヤブラ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「マヤブラ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3238112

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました