ピクシブ百科事典

リョウリガーZ

りょうりがーぜっと

リョウリガーZとは星のカービィ(アニメ)に登場したキャラクターである。
目次[非表示]

概要

アニメ第82話「合体ロボ・リョウリガーZ!」に登場したロボット。名前の由来はマジンガーZ
ププビレッジで料理の苦手な男性住民の奮闘する姿に目をつけたホーリーナイトメア社による発言がきっかけで、デデデ大王が「フードプロセッサーという形で村人にパーツを購入させる」という手段を用いて、自身は懐を痛めずに手に入れた戦闘マシン。ホーリーナイトメア社が絡んでいるため、これも魔獣の一種である可能性がある。
フードプロセッサーという建前があるため、各パーツすべてに調理機能が搭載されている。
ただし大掛かりなマシンの割にそれぞれが出来ることはそれほど多くなく、調理慣れしている住民からは呆れられて然るべきものであった(便利だと思っていたのは、料理慣れしていない=料理のことを全く知らない人々のみ)。因みにかの迷言「すっげえキモいデザインだな!」は、このパーツの1つのことを指したトッコリの第一声である。

本編にて

「フードプロセッサーを使った料理大会」という形で、住民たちに買わせたパーツを1ヶ所に集めることがデデデの目的であり、全てのパーツが集まるや否や、さっそく付属リモコンを操作してパーツを合体させ、マシンを奪い取った。因みにこのロボットは有人操縦式。
戦闘機能としては、主に単純な打撃がメインとなるが、調理機能を応用することで吸い込んだ食べ物を放出させ、それを囮にするという戦術が可能なため、カービィにとっては天敵と言える(と言っても吸い込みながら戦えばいいけども)。
しかし大会に出た男性住民がフードプロセッサーの取扱説明書にロボットを倒すヒントがないか見て調べた中、火花を元にメタナイトの機転によってで指しパーツの一部をショートさせ、その漏電したエネルギーを吸い込むことでスパークカービィになった結果、マシンの内部から放電させて全ての機能をショートさせられた。
案の定誤作動したマシンは、デデデとエスカルゴンが搭乗している操縦席に搭載されていたフードプロセッサーの電子レンジ機能を暴発させ、閉じ込められた2名は皮肉にも入っていた野菜共々温められ、自分たちが料理されたような結末となった。

備考

値段は8万9500×12コで、107万4000である。

関連タグ

星のカービィ(アニメ) エスカルゴン デデデ陛下 カービィ マジンガーZ

全自動卵割り機グルメスパイザー・・・便利な調理器具に見えて実際はあまり役に立たない繋がり。

関連記事

親記事

ホーリーナイトメア社 ほーりーないとめあしゃ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「リョウリガーZ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 781

コメント