ピクシブ百科事典

レイパー佐藤

れいぱーさとう

日本の物まねタレント、映画監督。株式会社20世紀たぬき代表取締役。パルメディア所属。
目次[非表示]

人物

福岡県大牟田市出身。本名は佐藤文則。
スタートレックの熱烈なるファンであり、その知識や愛情のレベルはファンの閾を超えている。
スタートレックの啓蒙活動や、自費でラスベガス・ヒルトンのスタートレック・エクスペリエンスに通うなど、その活動は意欲的である。
スタートレックイベントにはボイジャー佐藤の名で司会等を務める事も多い。河崎実監督の作品の常連でもある。

来歴

1983年(高校2年の時)、8ミリシネマ団体“20世紀タヌキ”を結成し、
同年10月に本人監督・脚本・主演『クラッシャーイサオII』がフジテレビ『オレたちひょうきん族』で放映され、反響を呼んだ。
そして、1988年に『日本ものまね大賞』で素人物まね芸人としてデビューを果たす。
この頃はまだ本名の佐藤文則として出場していた。同番組には12年間出演する。番組終了後、レイパー佐藤の芸名でプロデビュー。

ターミネーター」や「タイタニック」などの映画の効果音や、「ゴジラ」や「バルタン星人」などの怪獣の声、
花火汽車などの日常の効果音の物まねを得意とするが、
ロボコップの思春期」や「大人のドラえもん」などの下ネタをやるため、そのイメージが強い。

近年は俳優の酒井一圭らと「クラッシャーカズヨシ」シリーズの映画制作に力を入れている。
白川雪之丞、OTAKU佐藤、本名の佐藤文則と名乗る場合もある。
2008年、20世紀たぬき株式会社を設立、代表取締役に就任した。
第1弾作品は「OTAKU佐藤のグレイレストヒッツ」、放送できるはずのない珠玉のネタを収めたデビュー作にしてベスト版である。

東宝の製作で富士急ハイランドのオリジナルヒーローハイランダーが活躍する短編映画の監督も行った。

ものまねレパートリー脚注
ターミネーター
タイタニック4ヶ国語による吹き替えバージョンもある。
スターウォーズ
ゴジラ
バルタン星人
花火ゴジラに花火が当たるネタもある。
汽車
ウルトラマンウルトラセブンSM
ビンで小便するウルトラマン
お腹を下したウルトラマン
ダダ
ロボコップ思春期一番有名なネタ。をつかむときは指を動かす。最近は及川奈央をネタにすることが多い。
ロボコップのソープ
若きロボコップ・年老いたロボコップ「ロボコップの思春期」をアレンジしたネタ。
ビンで小便するロボコップ
大人のドラえもん昔はズボンインが流行っており、ズボンを四次元ポケット代わりにしていた。彼の発するドラえもんの声もグロテスクである。
大人のサザエさんほとんどがマスオさんによる予告のマネ。腰をくねるのが特徴。
東京ディズニーランド
スタートレック
大人のトトロ
大人のいっこく堂実際に陰部を出してモノマネをしたため、お蔵入りになった。
毛利博士の無重力オナニー実験
尾崎豊
武田鉄矢
水木一郎
東山紀之少年隊
ジャパネットたかたの高田明

主な使用例

1.大人の○○シリーズ

彼の芸風が「サザエさん」「ウルトラマン」「ドラえもん」等の国民的アニメを使って
下ネタ(それも8割が男性側のネタ)を使ったモノマネをするため、
このようなイラストに彼の芸名がタグに付く。マスオさんに付くことが圧倒的に多い。
当然下ネタが多いため、R-18指定されるが、稀に回避されている場合もある。

2.放送禁止レベルに冷遇されて石化に終わったモブキャラ

これは、某作品で彼女に対する扱いの批判の意味が強く、
籾種腐敗野郎放送禁止歌レベルに冷遇したこの作家を批判したとみていい。
つくばねの唄同様に出番に関するイラストや、特撮ヒーローと共演するイラストに付くが、
用途上「サザエさん」等と違い、R-18系イラストに付くことはまずない。
追加をする際は、全く最低なアンチ系タグといえるこのタグは必ず削除した方がいい。

関連動画





関連タグ

モノマネ ロボコップ ウルトラマン サザエさん
ドラえもん トトロ つくばねの唄 及川奈央
こいつで抜かないでください 同じように冷遇されるキャラ

pixivに投稿された作品 pixivで「レイパー佐藤」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 211481

コメント