ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「うろたえるな!」


CV:家弓家正

概要

1978年に放映された宮崎駿監督によるアニメ・未来少年コナンの登場人物。

最終戦争後の生き残った人類によって形成された科学勢力・インダストリアの行政局長で37歳。


物語における最大の悪役で、行政局長として辣腕を振るっているが、傲慢かつ横暴な言動が多く、いざとなれば部下を見捨てたりする冷酷な性格。

インダストリアのエネルギー問題を解決すべく太陽エネルギーの復活を説いていたが、それは太陽エネルギーにより最終戦争で世界を崩壊させた破壊兵器「ギガント」の最後の一機を復活させ、自身が世界の支配者となるという目的の為であった。


その野望の為、太陽エネルギー復活に必要であったブライアック・ラオ博士とその孫娘であるラナを拉致しようとし、他にも武力(ガンボート)を用いてハイハーバーへの攻撃や、インダストリアの下層市民の虐殺を図ろうとしたが、いずれも尽くコナン達に阻止される。


終盤でついにギガントを復活させ空へ飛び立ったが、コナン達の活躍でギガントはメインエンジンなどの各所散々に破壊され、あっけなく墜落。

即大半の部下を見捨てて機首部にある交通艇で逃亡しようとしたものの、交通艇の切り離し直後に艇内に飛び込んできたコナンと取っ組み合いの末に転落しそうになる(この際に同伴させようとした1名の部下すら躊躇なく見捨てようとするなど、どこまでも身勝手さをみせた)。


コナンは思わずレプカを助けようとして咄嗟に手を掴むが、見捨てられた部下達が自分達も助けてくれと大勢でレプカにすがりつき、コナンの馬鹿力でさえも持ち上がらない重量に達した事で手を放してしまう。

ギガントの機首から呆然としながら交通艇を見上げるレプカ達の姿はコナンの目からたちまち遠ざかり、直後に失速したギガントは海面に急降下していき海没・爆散。こうしてレプカはギガントと共に海の藻屑と消える最期を迎えたのだった。


余談

一部資料では同じ宮崎駿作品である「天空の城ラピュタ」に登場するムスカの子孫という記述があり、両者の役回りにも共通している点は多い。2作品間で役回りが共通するキャラクターは他にも数人いるが、血縁関係が明言されているのはレプカとムスカのみである。これはラピュタが元々はコナンの続編的な作品とする予定だった「未来少年コナン2(海底世界一周)」という宮崎の企画から発展したことからであり、その名残といえ、一種の裏設定や没設定の類といえる。当初の予定通りに実現しなかったこの企画自体は宮崎の手を離れて残り、その後も他社での「ふしぎの海のナディア」や「七つの海のティコ」の元になった。


未来少年コナンの原作となったアレクザンダー・ケイの小説「残された人々」では、「レプコ」という名前で登場し、小役人の1人としての役回りである。インダストリアへ連行されたコナンの額に焼き印で十字傷(奴隷を示すマーク)を負わせたが、反撃を喰らってレプコ自身も焼き印を喰らってしまった。嫌われ者であるらしく、この件で駆け付けた他の面々がコナンを投獄する際にそっと優しく放り込んでおり、レプコを嘲笑っていた。


終始冷酷な悪役ではあるが、ラナを連れて三角塔からフライングマシーンでの脱出シーンにて、持っていたスーツケースの中身の歯ブラシや着替えをぶちまけるという一コマがあった。宮崎監督によれば、この緊急時に持っていたのが金や貴金属などではなく、ごく普通の身の回りの品々だったということで、レプカもまた普通の人間だということを示す意味合いの演出だったという。


関連タグ

未来少年コナン インダストリア 悪人 独裁者 タカ派


関連人物

ムスカ…「天空の城ラピュタ」の悪役。上述のように一部資料では設定上レプカの先祖にあたるとされる人物であり、性格も役回りも似通っている。ただ、顔はあまり似ていない。

クロトワ…「風の谷のナウシカ」に登場するトルメキアの軍人。「中の人が同じ」「有能な中間管理職」という点では共通しているが、こちらはレプカほど悪辣な人物ではなく、良くも悪くも食えない切れ者である。

ハムド…「今、そこにいる僕」の悪役。荒廃した世界で遺された超科学に裏付けされた軍事力を振るう独裁者であり、武力によっての世界征服を目論んだ末に部下への行いが原因で無残な最期を遂げた、という共通点がある。

マグニートー…「中の人(実写映画版)」が同じで磁力を操る能力(世界を滅ぼせるレベルで「歩く超磁力兵器」と呼べる程)を持ち、ある意味「超磁力」兵器繋がりでもある。大物の悪役である点も同じだが、彼の場合は悲惨な半生によって大きく歪んでしまったためであり、個人的な欲や野心で行動しているのではない点は異なる。

ギレン・ザビカシム・キング…他作品の独裁者繋がりの似た者同士。

メタル・クロー…「七つの海のティコ」の悪役。顔、性格、役回りなど、共通点が多いが、「最大の悪役(ラスボス)」ではなく、物語序盤に登場する一組織(武器密輸団)の中間管理職に過ぎない小悪党・咬ませ犬的な扱いという大きな違いがある。レプカの場合、部下を見捨てた報いとして凄惨な最期を迎えたのに対し、クローの場合、部下の失態には容赦がないがそこまで当たりが強くない上にレプカのように見捨てることはしなかった。上司が逮捕されたことで組織は解体されたが、そのことを懲りずに逆恨みして残党として部下たちと共に主人公たちを追うも失敗に終わり、それ以降登場しない。

ナターリャ・カミンスカヤ・ベネックス……「七つの海のティコ」のラスボス。「女版レプカ」ともいえる存在。

関連記事

親記事

インダストリア いんだすとりあ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27414

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました