ピクシブ百科事典

元興寺

おてらとしてはがんこうじようかいとしてはぐわごせ

曖昧さ回避の記事です。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 奈良県にあるお寺の名称。→本項で解説。
  2. 上述したお寺に出没したとされる(妖怪)の名称。なお、pixivではこちらの意味合いでイラストが数多く投稿されている。→本項で解説。


お寺としての元興寺

読み方は“がんこうじ”
奈良県奈良市にある寺。
南都七大寺の1つで、蘇我馬子飛鳥に建立した日本最古の本格的な仏教寺院である法興寺が平城京内へと転移して現在の名前へと改名したとされる(ちなみに法興寺が元々あった場所には後身となる飛鳥寺が建立されている)。

奈良時代には東大寺興福寺と並ぶ大寺院であったが、中世以降は衰退して.奈良市中院町と奈良市芝新屋町に残された寺の一部のみが残されているのみとなっている。

十二鬼目・がごぜ


妖怪としての元興寺

読み方は“ぐわごぜ”がこぜ“ぐわごぜ”“がこじ”“がんご”とも呼ばれる事もある飛鳥時代、上述した寺に出没したとされる悪鬼。また、出没した寺にちなんで元興寺の鬼と言う事もある。

平安時代に書かれた『日本霊異記』や『本朝文粋』などの文献にその名が記載されており、次のような話が伝えられているという。

時は敏達天皇の頃。尾張国阿育知郡片輪里(現在の愛知県名古屋市中区の古渡町付近)に住んでいたとある農夫が落雷に遭い、その時の落雷と共に雷神]]]が落ちて子供の姿へと化身した。
農夫は驚き雷神を手にしていた杖で殺そうとするが、雷神は命乞いをし、もし助けてくれたならば恩返しに自分のような力強い子供を授けると言い、その言葉を信じ大臣のもの目に応じた農夫は楠の船を作り、雷神は彼の見守る中、それに乗ってそれへと帰っていった。

それからしばらくして雷神が約束した通り、農夫の妻が頭に蛇が巻き付き、頭と尾を後頭部に垂らしているという雷神の申子とでもいうべき異形の姿をした子供を授かった。

その子供は雷神が言った通り、生まれついて怪力を誇っており、10歳を迎えるころには時から自慢の有名な皇族の王の1人と力比べで簡単に勝ってしまう程だったという。

後にこの子供は仏門へと入り元興寺の童子となるが、折しもその頃、元興寺の鐘楼を担当する童子が毎晩のように変死するという事件が続発し、鬼に殺されたのではないかとの噂が立っていた。

この噂を聞きつけた童子は自分が鬼を捕まえて見せるといって自ら鬼退治を買って出る。話し合いの末、予め鐘堂の四隅に灯を置いて蓋をしておき、鬼を捕まえたら4人の童子たちに知らせて蓋を開けてもらい鬼の姿を実見してみようという取り決めになった。

その夜、童子は鐘楼で鬼を待ち構え、未明の頃に鬼が出現するや否や、その髪の毛をひっ捕まえると引きずり回し、待機している童子に合図を送るが、肝心の童子たちはこの出来事に肝を冷やして蓋を開けずに逃げてしまっていた。

そして夜が明けた頃、流石にこれはたまらんとすっかり頭髪を引き抜かれてほうぼうの体で逃げ去ってしまっていたが、その後を点々と血痕が残されていた為、正体を見届けようとその後を辿って行くと、かつて元興寺で働いていた無頼な下男のまで続いており、鬼の正体はこの下男の死霊であったことが発覚した。

なお、この出来事以来、鬼は二度と現れなくなり、童子は持ち前の怪力を使って活躍をし続けた末に得度出家して道場法師になったとされている。

ゲゲゲの鬼太郎

CV/高橋和枝(第1期)、千葉耕市(3期劇場版)、くじら(4期)

初出は原作『朧車』の回(1期、第58話)。怪気象を使い日本全土の占領を目論む妖怪の国の初の総理大臣を務めるガウンのようなものを纏った姿の悪鬼。
1期、3期劇場版ではカロリーヌという名の一人娘がいる。

原作、1期、4期では妖気定着装置でもある妖怪・朧車を操りまず手始めに調布一帯を怪気象で覆い尽くし、更に調布市街にある水木しげる氏の家を国会議事堂に利用するべく占拠。

それを阻止するべく戦いを挑んできた鬼太郎に対しては目玉おやじを人質に取り迫るが、彼を飲み込んだことが仇となり、脳を支配されて妖怪定着装置を逆回転させられて怪気象共々消滅していった。

3期劇場版では異次元妖怪の総理大臣で、(おそらく)妖怪皇帝を名乗るぬらりひょんに唆されて彼と手を組み、怪気象を利用して日本を支配し、妖怪天国を生み出そうと暗躍する。

娘のカロリーヌとお揃いのペンダントを身に付けており、これを通じて娘の居場所を探知できる。
劇中では娘を利用して鬼太郎たちの元へカロリーヌを送り込み、娘を通じて彼らの居場所を見つけ出し、カロリーヌを保護した鬼太郎たちを襲撃。カロリーヌを攫ったかのように見せかけて自分の元へと連れ戻し、何も知らずに彼女を救出する為にやって来た鬼太郎たちを朧車の力で石化するなど、策略家の一面を持つ。

その一方で娘想いの優しい父親としての一面もあり、彼の本当の願いは妖怪天国を作り出す事ではなく実際には娘と共に平穏に暮らして行くというのが真の願い出会った。

しかし自分のしでかした今回の事件により、何も知らない娘のカロリーヌはねずみ男と共に鬼太郎を助け出そうとしたときに朧車にはねられ命を落としてしまい、その事をねずみ男から聞かされ、ぬらりひょんに娘を返してくれと詰め寄るも冷たく突き放され立ち直れない程にショックを受けて絶望するのと同時に自身の過ちに気付く。

その後、国会議事堂上で鬼太郎と最後の決戦を繰り広げるぬらりひょんに「娘を返せ」と詰め寄り鬼太郎が逆転する切っ掛けの一助けを与えるが、ぬらりひょんに剣で切られ転落死し、娘と同じように光の粒子となって消えていった……。

なお、事件解決後、ねずみ男は自身も思いを寄せていたカロリーヌの事を思いカロリーヌ共に父親の元興寺の墓も作ると2人の冥福を祈るのだった………。

余談

一説にはお化けを意味する児童語のガゴゼやガゴジはこの妖怪が語源となっているとされるが、真偽のほどは不明らしい。

関連項目

お寺 ガゴゼ 妖怪

pixivに投稿された作品 pixivで「元興寺」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3113

コメント