2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

君だけを守りたい

きみだけをまもりたい

君だけを守りたいとは、『ウルトラマンダイナ』の前期エンディングテーマである。
目次[非表示]

誰よりも何よりも 君だけを守りたい
いつまでもどこまでも 君だけを守りたい

作詞・作曲:高見沢俊彦
編曲:井上鑑
歌:中島文明(現・中島フミアキ)

概要

特撮テレビドラマ『ウルトラマンダイナ』の前期EDで、第1話から第26話、35話、50話で使用された。また第42話では劇中歌としても使用されている。

シングルCDは1997年9月21日発売。

『ダイナ』の劇中世界においても「世間一般でよく知られている曲」という設定で、登場人物が歌唱するシーンがある。
本編最終章では、ダイナアスカ・シンユミムラ・リョウに対して、曲タイトルそのままの想いを告げている。

TVサイズ版はフルサイズ版よりキーが半音高いテイクとなっている。フルサイズ版はラストサビでそれまでのサビから半音上がるが、そのラストサビがTVサイズ版のサビと同一のキーである。
ビデオソフト『ウルトラマンダイナSPECIAL』に収録された最終章・完全版「ひかりへ…」では、フルサイズ版を短縮したものがEDとして使用された。
また『ダイナ』当時に発売されたコンピレーションアルバム『最新盤!ウルトラマン全曲集'98』には、フルサイズ版ではなくTVサイズ版とメロディ入りカラオケ(インスト)版が収録された。

劇伴楽曲では、ピアノアレンジが4曲存在する。

ウルトラマン関連のコンサートでもよく使用される楽曲でもあるため、ウルトラファンにはお馴染みな歌の一つでもある。

カバー

1998年、作詞・作曲を担当した高見沢氏が所属するTHE ALFEEが、アルバム『Nouvelle Vague』にて原曲に大幅なアレンジを加え『SAVE YOUR HEART~君だけを守りたい』のタイトルでカバー(リードボーカルは坂崎幸之助氏)。

2009年、アスカ・シンを演じたつるの剛士氏が、自身のカバーアルバム『つるのおと』にてTHE ALFEE版をベースにカバー。

2012年、高見沢氏が「Takamiy」名義のソロシングル『ULTRA STEEL』のカップリング曲(タイプAのみ収録)として、これまでとは異なるアレンジでカバー。

2013年、高見沢氏のソロアルバム『雷神』にて、「Takamiy with つるの剛士」名義でつるの氏とデュエットし『君だけを守りたい 2013』のタイトルでカバー。これまでとはさらにアレンジが異なる。

ウルトラマンサーガ

「みんな、あなたを待ってる!!」
「目覚めてーーーっ!!」

挿入歌『君だけを守りたい~アスカの歌~』としてつるの氏がカバー。
劇中ではウルトラマンゼロウルトラマンコスモスハイパーゼットンに苦戦する中、石像と化していたダイナが復活し、二人に加勢するシーンで流れる。
この後の逆転劇も併せて、ダイナ好きなら感動間違いなしのワンシーンである。
サントラにも収録されており、秋元才加氏が演じたチームUのリーダー・アンナの上記の台詞も入っている。

アンナの妹であるチームU・リーサ役の佐藤すみれ氏が歌う『君だけを守りたい~リーサの歌~』というバージョンもあり、こちらは劇中において本人がギターで弾き語りをするシーンがある。
『ダイナ』とは別の宇宙にある地球にこの歌を伝えたのはアスカであり、作中の回想シーンでも確認できる。
こちらもサントラに収録されているが、劇中で披露された1番までとなっている。

ウルトラマンクロニクルD

ボイジャーによりカバー。
オリジナルと比べてアップテンポなアレンジとなっている。編曲は『ギンガ』〜『オーブ』の劇伴でお馴染みの小西貴雄氏が担当した。

余談

高見沢氏は、『サーガ』用にこの曲を一から作り直している。また、彼はインタビューで「世界を守るにはまず個人を守らないといけない。個人を守るには自分のすぐそばにいる人を守らないといけない」といった発想でこの曲を作詞したと語っている。

原曲の大サビ~ラストサビの間には、初代ウルトラマンの「シュワッ!」の掛け声が収録されている。『つるのおと』版ではダイナ(つるの氏)の声に改められた。

関連項目

ウルトラマンダイナ
ユミムラ・リョウ アスカ・シン ミドリカワ・マイ

関連記事

親記事

ウルトラマンダイナ うるとらまんだいな

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 83215

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました