ピクシブ百科事典

君島陽子(仮面ライダーゴースト)

きみじまようこ

『仮面ライダーゴースト』の第6話に登場した人物である。女子高校生。
目次[非表示]

「そんなこと言わないで。お兄ちゃんは・・・私のたったひとりのお兄ちゃんだよ・・・」

演:小林里乃

概要

特撮作品『仮面ライダーゴースト』第6話「運命!再起のメロディ!」に登場した女子高生美少女
一人称は「私」。心優しく兄想いな性格。

成華音楽大学付属高等学校に兄と共に通っており、その兄は世界的な音楽家の君島康介。

ある日を境に康介に起こる謎の現象を調査してもらうべく不可思議現象研究所に依頼をした。その現象とは「康介の周囲の音が消え」無音となってしまうというものであり、優しかった康介も人が変わり狂ったように作曲を続けていた。
実は康介には音符眼魔憑依しており、それが原因で不可思議現象が発生したり康介の人格が変わっていたのだった。

最終的には建物の屋上から飛び降り自ら死を選んででも歴史に名を残そうとする康介を涙ながらに説得し、その行動は仮面ライダースペクター/深海マコトの心を動かしゴーストの妨害を断念させ、間接的にゴーストの勝利に貢献した。その様子を見ていた妹眼魂こと深海カノンは自分と兄を重ねたのかマコトに「あの子よかったね」と呟いている。

音符眼魔がゴーストに倒された後は正気に戻った康介と共に音楽を一からやり直す為2人で仲良くピアノを弾いていた。

なお、最初に突然現れた幽霊状態の天空寺タケルと遭遇し突然ベートーヴェンの説明をされた際には驚いて「オバケ」と悲鳴を上げている。しかし、直後に御成からの「悪いオバケではない」のフォローで一応納得したようである。

余談

僅か1話しか登場しなかったゲストキャラクターだが登場してすぐにインターネット上などで「あの美少女は誰?」と話題になり、その時間帯のTwitterでは「君島陽子」、「小林里乃」がトレンド入りを果たしている。

演じた小林里乃氏は同じく特撮作品である『特捜戦隊デカレンジャー 10 YEARS AFTER』でクレメント星人キャリーを演じていた。

また小林氏は以前、ドラマ『聖母・聖美物語』で『仮面ライダードライブ』でチェイスこと魔進チェイサー/仮面ライダーチェイサーを演じた上遠野太洸の妹役を演じていた。

関連タグ

仮面ライダーゴースト

コメント