ピクシブ百科事典

小湊鉄道

こみなとてつどう

千葉県の房総半島に路線を持つ私鉄。バス事業も行っている。
目次[非表示]

概要

千葉県房総半島西北部において鉄道バス事業を営む会社。なお、社名は「小湊鐵道」と表記される方が多い。公式サイトもこの表記である。鉄道線は五井駅(市原市)から上総中野駅(夷隅郡大多喜町)までの39.1kmを結ぶ。終点の上総中野駅でいすみ鉄道と接続し房総半島横断路線を形成する(両社の直通運転は行われていない)。

社名の由来は現在の鴨川市小湊地区を目的地として計画されたことによる。しかし三度の計画変更を行ったものの一部しか着工できず(参照)、木原線(いすみ鉄道)との接続を果たした事でそれより先の延伸はなされず、今では予定線を走るバスも途中で打ち切られている。(参考)また、海士有木から千葉へ直接乗り入れる新線も計画しているが、一部区間が京成千原線として開業したにとどまっている。

東京から近距離でローカル線の雰囲気をよくとどめていることからテレビ等の撮影に使われることがある。また、起点の五井駅で売られている駅弁「あさりめし」は日本一安い駅弁である。

使用車両

全線非電化単線のため定期列車は気動車による運転。

  • 生え抜きのキハ200形気動車は、初期のものは既に製造後半世紀が過ぎている。
  • 2015年11月からトロッコ列車の運行を開始している。機関車は蒸気機関車の体をしたディーゼル機関車「DB4形」、客車は2軸車両で4両(ハフ101・テハ101・テハ102・クハ101)が新規製造された。
  • JR東日本からキハ40形が順次譲渡、2021年より運用入りしている。キハ200の代替車両としてレトロな車両を求めた結果、本系列の導入に至った。エンジンはJR東日本時代に換装済み。

車両は蒸気機関車時代の創業時より自動連結器を使用。
別に昭和になってからの開業ではなく、1925年3月(工事のため車両を調達した時点まで遡ると1924年)と本州以南の国鉄が自動連結器に切り替える前から自動連結器を使っていたのが特色である。当然このままでは国鉄からの直通貨車を牽けないので、片方ねじ連結器にした控車を有していた。

関連イラスト

小湊鉄道、春のひと時



関連タグ

キハ200200形 気動車 ローカル線 小湊鐵道 中小私鉄

関連記事

親記事

中小私鉄 ちゅうしょうしてつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「小湊鉄道」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 92298

コメント