ピクシブ百科事典

小笠原貞宗(逃げ上手の若君)

おがさわらさだむね

小笠原貞宗とは、南北朝時代に信濃国守護に任じられた『逃げ上手の若君』の登場人物である。

概要

足利高氏の謀反に呼応して鎌倉幕府に反旗を翻した武将の1人。

魚のごとく常に見開かれた大きな目が特徴で、高氏が手に持ったダニの雌雄も見抜くほどの優れた視力の持ち主。
妙に目に関するスキルが豊富で「目からの振動で会話できる」とか「目からは涙だけじゃなく胃液も流せる」という人間離れした特技も有している。
それ以上に当代随一の弓の名手であり、その腕前たるや当時の帝である後醍醐天皇からも讃えられ、彼の弓の射ち方は現代における弓術の基礎にもなったという。

性格は高氏に対してこそ恭しいものの、それ以外の目下の者にはかなり傲岸不遜、その気になれば女の耳を平気で削ぎ落とすなど暴力的なことも厭わない極めて好戦的な人物である。
武士としては相手を見た目で判断して油断する所はあるが、追い詰められればすぐに冷静さを取り戻し、たとえ負けたとしても次の手段があれば即座に動くことのできる豪胆さを秘めている。

反乱成功の恩賞として足利尊氏(高氏を改名)によって信濃国守護に任じられ、諏訪頼重に匿われている北条時行の捜索および抹殺のため諏訪大社に派遣される。

その諏訪では頼重から長寿丸(という稚児に扮した時行)と犬追物(乗馬しながら弓を射合う勝負)の試合を行い、もし長寿丸が勝てば諏訪に手を出さないことを条件にその試合に臨む(これには時行に彼の弓の技術を盗ませるという頼重の意図も含まれていた)。

乗馬戦では当初こそ時行を圧倒していたが、相手側の策に嵌って点差を付けられてしまう。一度は焦りを見せたものの、すぐに頭を切り替えて時行の死角に付き、そこから逆転の機会を狙うが、その中で時行が導き出した「逃げながら攻撃」こと「パルティアン・ショット」を受けて敗退。

まさかの逆転負けを喫したことにより、貞宗は約束を守らざるをえない状況に置かれ、一度はその場を退いた。と、思われたが、「諏訪大社領を小笠原領にせよ」との後醍醐天皇からの綸旨を盾に再登場、諏訪一族に屈服を迫った。

関連タグ

逃げ上手の若君 北条時行(逃げ上手の若君) 諏訪頼重(逃げ上手の若君)

関連記事

親記事

逃げ上手の若君 にげじょうずのわかぎみ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「小笠原貞宗(逃げ上手の若君)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 170

コメント