ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

怒鬼怒鬼プリキュア

どきどきぷりきゅあ

「ドキドキ!プリキュア」のメンバーが黒い顔を見せているイラストにつけられるタグ。
目次 [非表示]

概要

ドキドキ!プリキュア」に変身する初期メンバー4名のキャラ設定を見てみよう。


相田マナ:スポーツ万能、成績優秀、人格者のオールマイティ生徒会長。

菱川六花:生徒会書記。知識が多く、全国模試ベスト10に入る秀才。

四葉ありす:財閥のお嬢様。ピアノ、バレエ、武道一般など多くの特技を有し文武両道。

剣崎真琴:トランプ王国の戦士。こっちの世界では人気沸騰中のトップアイドル。


いずれもかなりのハイスペック少女達である。


このエリート揃いの設定に、ちょっと首をかしげた者は多い。

今までのプリキュアでは、優秀な人材が一チームに一人はいたが、チーム全員が高レベルであることはほとんどなかった。

元気で明るい笑顔が一番であり、ドジっ子アホの子引っ込み思案ガチ百合はっぷっぷー怒りんぼ弱点過多泣き虫ブラコンやるっしゅなど、何かしら親近感の持てる点がある子が愛されてきた。

果たしてこんな高嶺の花ばかりのパーフェクトガールズに感情移入できるのだろうか・・・


あ、そうだ。もしかしてこいつら、エリートにありがちな腹黒い連中じゃね?


というわけで、毎年恒例の黒化イジりが早くも始まったのであった。




そして1クールが経過

そんなこんなで10話が過ぎ(この時点で亜久里は未登場)、

マナ→天然・音痴・街中で過度なまこピー連呼

六花→怒涛のツッコミ担当・布団の中でやきもち・つばめ発言

ありす→ド天然・マイペース・キレると危ない

真琴→人間界の常識に対して微妙な知識感


なんてキャラも確立していき、それらを発展させた二次創作も増えていくのだが、


このタグの場合

9話より。六花ちゃん壊れる

六花ちゃんのヤンデレチックな絵(主にまこぴーレジーナへの嫉妬的な)

何でもお見通しだね!メシウマ

ありすちゃんの腹黒絵

が多い傾向にある。


10話に百合スキー修羅場スキーな人々の妄想を大いに掻き立てる展開があったことが六花絵を増やし、

便利グッズのようにどこにでも登場する四葉財閥の存在、三角関係から一歩引いた目線が「修羅場を楽しむ」かのように映った人々がありす絵を増やしたのだろうと想像出来る。

それでなくても、ポジション的にネタキャラとしてこの二人が弄りやすいことも大いに関係しているだろう。


追加戦士登場

2クールも終わりに近づいてきた時期に、話題の追加戦士プリキュアとして円亜久里が登場。

設定上は上記4人を導く先輩的存在であり、プリキュアの技量としては上記4人を上回るハイスペックを有する。

一方で変身前の亜久里がどういうキャラなのか、私生活でもハイスペックさを有しているのかは登場時では不明だったがそれでもさっそく黒化イジリがなされてしまった→円怒久里



余談だが、5人のプリキュア時の頭文字である「h」「d」「r」「s」「a」をとり、並べ替えると

「hard、S」つまりドSになる。


注意

あくまでネタです。話が進むにつれて、もっともっと愛され要素が判明していく事でしょう。

みんないい子で、愛されるキャラであることを私、信じてる!


関連タグ

悪田マナ相田マナ"Я") 菱川六禍 四刃ありす 剣崎魔琴 円怒久里 黒アイちゃん - 個人別

ドキドキ!プリキュア 黒化

ノワールプリキュア ドロドロ!プリキュア


大魔獣激闘鋼の鬼怒鬼というロボットが登場する)

関連記事

親記事

ノワールプリキュア のわーるぷりきゅあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2866760

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました