ピクシブ百科事典

恐田奇一郎

おそれだきいちろう

恐田奇一郎とは、漫画・アニメ『DEATHNOTE』のキャラクター。

概要

CV:宝亀克寿
演:皆川猿時(実写映画版)/ 外川貴博(ドラマ版)

麻薬常習者の小柄な中年男(実写版では青年)。

2003年12月18日、都内で銀行強盗事件を起こしたが失敗、拳銃で3人の一般人を殺害し逃走。ニュースでそれを見ていたキラ=夜神月デスノートの実験台として選ばれる。
二日後の12月20日、逃走途中でバスジャック事件を引き起こし、遊園地スペースランドの昨日分の売上金(実写映画版では京南バスの奥川営業所の売上金)を要求する。しかし、それも月の想定通りであり、月がデスノートに書いたシナリオ通りに踊らされ、銃弾をリューク(本来人間には見えないが、月が捨てたデスノートの破片を拾ったためそのこの世のものとは思えぬ恐ろしい姿を見てしまう)に無駄打ちして弾切れになり、バスから飛び降りて交通事故に遭うという無残なを遂げる。
麻薬中毒だったため、同席していたレイ・ペンバーからも「幻覚を見ている」と誤認され、警察マスコミも同様の見解を示した。

テレビドラマ版では月のシナリオ通り拳銃自殺する。

関連タグ

DEATHNOTE 強盗 犯罪者
渋井丸拓男:同じくデスノートのモルモット。

関連記事

親記事

DEATHNOTE ですのーと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「恐田奇一郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 121

コメント