ピクシブ百科事典

愛のむきだし

あいのむきだし

『愛のむきだし』(英題:『Love Exposure』)とは、園子温監督の映画。
目次[非表示]

2008年に原作となる同名小説が園によって執筆され(小学館・刊)、2009年1月31日に映画公開。
ファントム・フィルム配給。R-15指定。

概要

盗撮のプロ」がを新興宗教から脱会させた、という実話をベースに、園監督の取材や経験を加えてアレンジした"純愛"の物語
大きなモチーフとなっているのは宗教と、園が頻繁に取り上げる家族である。また、変態暴力描写を伴う。

本編237分(およそ4時間)という大長編のため、劇場上映時は途中で休憩が挟まれ、DVDは本編2枚組になっている。
以下のあらすじは、全体のおよそ半分である。

あらすじ

ユウ(本田悠)は敬虔なクリスチャンの家に生まれた。母はユウが幼いころ病に倒れ、「マリア様のようなお嫁さんを見つけるのよ」というメッセージを残してこの世を去った。そしてユウは勃起を覚えないまま高校生になった。
ユウの父・テツは妻に先立たれた後、神父になっていたが、ある日教会にカオリという女が現れてからは、神父の身でありながら再び家庭を持つことを考え始めた。しかし、カオリには数ヶ月で逃げられ、気を病んだテツは、ユウに毎日懺悔を強要するようになる。
だが、ユウは虫も殺せない性格で、罪などない。それでも父親の期待に応えるため、ユウは自ら罪を作るべく、不良少年たちとつるむようになる。
だが、ユウが盗撮にまで手を染めたとき、ついにテツはユウを拒絶する。しかし、父親への執着を捨てられないユウは、ますます罪作りに励んでいく。いつしかユウは盗撮のカリスマになっていた。

コイケは、表では敬虔なクリスチャンで通っている父親から虐待を受けて育った。
として成熟していく体について懺悔させられるうち、性欲を罪としか感じられなくなったコイケは、学校で事件を起こした末、父親を去勢した。
父親から開放されたコイケは、新興宗教"ゼロ教会"に誘われる。そしてゼロ教会の布教活動をする中、似た境遇にいたユウと出会い、興味を抱く。ユウの身辺調査を行った結果、コイケはヨーコという少女に目をつけていた。

ヨーコ(尾沢洋子)は性にふしだらな父親に育てられた。母親は数ヶ月ごとに変わった。
幸せな家庭との性欲に強い嫌悪感を抱くようになったヨーコは、解体屋のアルバイトや街中での喧嘩で鬱憤を晴らした。カート・コバーン以外の男はすべて敵だった。
あるとき、父親の新たな愛人となったカオリは、ヨーコと妙にウマがあい、女友達のような関係になった。その中でヨーコはイエス・キリストに惚れこむ。
ヨーコの父親に飽きたカオリは、かつて自分にキリストを教えたテツとヨリを戻したくなり、ヨーコとともに家を出た。

奇跡は起きた。
その日、盗撮仲間との賭けに負けたユウは、女装して街の女の子にナンパするという罰ゲームに身を投じていた。
その日、カオリと喧嘩したヨーコは、街をふらついてるうちに不良の大群に絡まれた。
大喧嘩が起こり、通りかがったユウはヨーコに助太刀する。ユウはヨーコに待ち焦がれていた「マリア様」の姿を重ね、ヨーコはユウの女装姿である"サソリ"に恋をした。
そんな中、テツとカオリはヨリを戻し、二人は義理の兄妹になろうとしていた。
コイケはほくそ笑む。ゼロ教会による一家洗脳計画の始まりだった。

キャスト

ユウ - 西島隆弘(AAA)
ヨーコ - 満島ひかり
コイケ - 安藤サクラ
カオリ - 渡辺真起子
テツ - 渡部篤郎
タカヒロ - 尾上寛之
ユウジ - 清水優
先輩 - 永岡佑
クミ - 広澤草
ケイコ - 玄覺悠子
ユウの母 - 中村麻美
コイケの父 - 板尾創路
BUKKAKE社・社長 - 岩松了
ロイドマスター - 大口広司
親友の神父 - 大久保鷹
司教 - 岡田正
霊感絵画の客 - 倉本美津留
暴走族リーダー - ジェイ・ウエスト
クラブ店員 - 深水元基
救済会の神父 - 吹越満
ミヤニシ - 古屋兎丸
ヨーコの父 - 堀部圭亮
ゼロ教会先生 - 宮台真司

スタッフ

原案・脚本・監督 - 園子温
エグゼクティブプロデューサー - 横濱豊行 / 河井信哉
コー・エグゼクティブプロデューサー - 梅村宗宏 / 松岡周作
アソシエイトプロデューサー - 諸橋裕
プロデューサー - 梅川治男
音楽 - 原田智英
ラインプロデューサー - 鈴木剛
撮影 - 谷川創平
美術 - 松塚隆史
照明 - 金子康博
録音 - 永口靖
編集 - 伊藤潤一
スタイリスト - 松本智恵子
アクションデザイン - 坂口拓
アクション監督 - カラサワイサオ
特殊造形・特殊メイク - 西村喜廣 / 石野大雅
整音 - 小宮元
VFXディレクター - 馬場革
キャスティング - 石垣光代
助監督 - 森倉研弥
制作担当 - 戸田格
アシスタントプロデューサー - 須藤麻衣子 / 千田一義
製作経理 - 佐藤尚子
製作 - 「愛のむきだし」フィルムパートナーズ
企画 - オメガ・プロジェクト
制作 - アン・エンタテインメント
制作協力 - ステューディオスリー
配給 - ファントム・フィルム
宣伝協力 - パンドラ

音楽

主題歌・挿入歌
空洞ですゆらゆら帝国

挿入歌
「美しい(Album Version)」「つぎの夜へ」ゆらゆら帝国

挿入曲
「灯火」原田智英
「Free Dee」原田智英
「Theme of Sante Marta」原田智英
「Free Dee / Dicky Curve & Right Chan Mix」原田智英

予告編



関連タグ

映画 邦画 園子温
宗教 家族 盗撮 変態 カルト 洗脳
キリスト教 新約聖書
スタイリッシュ盗撮
苺パンツ
女囚さそり

外部リンク

映画「愛のむきだし」公式サイト
映画『愛のむきだし』公式ブログ
DVD「愛のむきだし」アミューズソフトエンタテインメント
愛のむきだし - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「愛のむきだし」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12838

コメント