ピクシブ百科事典

目次[非表示]

演:内海誠子

概要

仮面ライダーリバイス』の登場人物。主人公・五十嵐一輝の幼馴染であり、その妹さくらの仲の良い友人。

高校生の妹、美春は大人気アイドルグループ「小悪魔らんでぶー」のセンターで、母親がそのマネージャー代わり。
母親はそんな妹にかかりっきりであり、中々自分に振り向いてくれない現状に密かに不満を抱いている。

第3話にて、コング・デッドマンを従えているらしきとある男により、さくらと共にショッピングモールに出かけた先で籠城事件に巻き込まれてしまい、彼女共々その人質にされてしまう。
その男に脅され、身代金目的で母親に電話させられるも、母親は美春の仕事の付き添いに忙しく、あろうことか着信拒否してしまう。

その後は、一輝や大二の活躍で開放されるが、籠城事件の犯人はバイスタンプを持っていないようで…?































「ママ…もっと私を見てよ!」

実は、彼女こそがコング・デッドマンの真の契約者であり、籠城事件の真の黒幕。
既にデッドマンズと繋がっていた彼女は、自分に振り向いてくれない母親や、自分の存在を蔑ろにする妹への憎しみをアギレラに利用されており、籠城事件は母親の自分への愛情を確かめる最後の手段も兼ねたマッチポンプであった。

しかし、事件に巻き込まれても自分の声を聞こうとしなかった母親の態度に、遂に怒りと寂しさが爆発。
美春のライブ会場にて、再びコング・デッドマンを生み出した上、それでも自分に目もくれず、目の前の怪物に怯えるばかりの母親を見ると、アギレラの悪魔のささやきによってコング・デッドマンと上級契約を果たし、ギフテクスになってしまう。
その力で仮面ライダーリバイ仮面ライダーバイスを蹴散らすと、気絶させた美春を抱え、何処かへと去ってしまう。

リバイ「家族だろ…なんで憎むんだよ!?」

「一輝君…幸せな家族だけじゃないんだよ」

という、冷たげな言葉を残して…
その後、とある高層ビルの屋上で美春を人質にし、母親をおびき出す。
しかし、一輝と共に駆けつけてきた母親と相対し、今まで構えなかったことを謝られた他、本当はちゃんと親子愛を持っていたことを告げられたことで号泣。
和解しかけるが、ギフテクスの力が暴走し、町を破壊し始めてしまう。

その後、リバイとバイスの活躍によって、デッドマンから切り離されると、入院することになりながらも、母親と和解できたのだった。

余談

  • 「家族」をテーマにしてる本作でのこのエピソードは「家族愛」のアンチテーゼともいえる


関連タグ

仮面ライダーリバイス
ギフテクス

毒親の被害者:母親から全く愛されていない訳では無いが、ネグレクトにも等しいその扱いから彩夏もこれに十分当て嵌まる。上記のリバイへの返答はまさにそれ

小倉香澄:同じく序盤にて登場する登場人物のガールフレンド。の策略で怪人に変化されてしまう点も似ておりこちらは死亡してしまった。

長田結花:家族に相手にされず、その寂しさと怒りで妹に手を出したライダーの登場人物繋がり。但し、こちらは家族に血の繋がりの無い養子な上、義両親のみならず義妹である長田道子を始めとした自身を虐げ続けた言い逃れの出来ない屑の集まりに加え、妹を本当に殺してしまった。

山野愛美:同じく母親と折り合いが悪い人物であるが、こちらは逆に自身の態度が原因であり、関係が修復できないまま最終的に親子共々破滅的な末路を辿っていた。

黒い東映

関連記事

親記事

コング・デッドマン こんぐでっどまん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「桶谷彩夏」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「桶谷彩夏」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39

コメント