ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

伏見宮貞敬親王の第10王子、守脩親王が創始。

系譜

梨本宮守脩親王

貞敬親王の第十王子として生まれ、その後円満院出家した。その後梶井円融院を相続した。明治になって還俗し、梶井宮を称した。その後梨本宮と改称する。

梨本宮菊麿王

山階宮晃親王の第一王子として生まれ、守脩親王の養子になった。その後山階宮に戻る。

梨本宮守正王

久邇宮朝彦親王の第四王子として生まれ、宮家を相続した。その後侯爵鍋島直大の娘伊都子と結婚した。守正王は陸軍の軍人で階級は大将のちに元帥。その後皇籍離脱し梨本守正と称した。

その後の梨本宮

守正は1951年(昭和26年)に薨去し、祭祀は妃の伊都子が継ぐその後守正の甥の徳彦が伊都子の養子になって梨本家を継ぐ。

外部リンク

梨本宮 - Wikipedia

関連タグ

宮家 皇族

関連記事

親記事

宮家 みやけ

兄弟記事

コメント