ピクシブ百科事典

火の鳥2772

ひのとりにいななななにい

1980年に上映された劇場用長編オリジナルアニメーション。正式名称は『火の鳥2772 愛のコスモゾーン』。
目次[非表示]

概要

 手塚治虫漫画作品『火の鳥』を題材とした劇場用完全オリジナルアニメーション作品。
 80年代に4段変形する女性ロボットが登場する先見性やクラシック調のBGM、高クオリティな作画など見るべき点が多く、名作との声も名高い。

 また、メカデザインの御厨さと美により漫画化された。手塚治虫自身による漫画化も予定されていた可能性があるが、これは本人の死去により行われなかったとされる。
 さらに、ミュージカル化も行われた。

スタッフ

原作・構成・総監督=手塚治虫
脚本=手塚治虫・杉山卓
メカデザイン=御厨さと美
音楽=樋口康雄

キャスト 

ゴドー・シンゴ=塩沢兼人
ロボット・オルガ=三輪勝恵
ロック・シュラーク池田秀一
サルタ博士熊倉一雄
ブラック・ジャック伊武雅刀
ヒゲオヤジ大塚周夫
レナ=藤田淑子
イート卿=久松保夫
ブーン=小林修
ボルカン=森山周一郎
クラック=大竹宏
ピンチョ=高橋和枝
火の鳥竹下景子

ストーリー

 極度に合理化された未来社会。
 育児ロボット・オルガに育てられ、宇宙ハンターとして成長したゴドーは、ある日謎の宇宙生命体2772の捕獲を命令される。
 しかし上流階級の娘レナと恋に落ちた彼は命令を無視、懲罰のため労働キャンプへと追放されてしまう。
 過酷な環境のキャンプで出会ったサルタ博士により、地球とそこに住む全ての生命の壊滅的な危機を知ったゴドー。
 宇宙の全ての生命の源泉といわれる宇宙生命体2772、つまり【火の鳥】を捕まえ、地球を救うべく、ゴドーはスペース・シャーク号に乗り込み宇宙へ飛び立った! (ビデオ紹介文より)

作者本人による評価

 この作品は火の鳥の映像化された作品の中では唯一、手塚治虫自身の手により映像化されたものであるが、本人は作品の出来に不満があったらしく、この映像作品を「公開には10年早かった」と評している。
 後にこの映画がテレビ放送される際、彼は1/4ほどのシーンをカットしてしまった。そのため、不完全な作品しか入手できない状況が続いた。
 音楽に関してはとても好評であった。

関連タグ

火の鳥

pixivに投稿された作品 pixivで「火の鳥2772」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 139705

コメント