ピクシブ百科事典

獣人(ULTRASEVENX)

じゅうじん

ここではウルトラセブンXに登場する宇宙人の変異した姿である獣人について解説する。
目次[非表示]

データ

登場作品『ULTRASEVENX
Episode9「RED MOON」

身長体重出身地人間態、CV
1.8~1.9m 70kg 不明小笠原宙

概要

100年程の昔に地球に訪問して来た異星人旅人兄弟が、に触れた事により、怪物化した姿。

通常は地球人と同じ姿をしたヒューマノイド型の姿であるが、彼らの種族は水に触れてしまうと体細胞が変化して怪物化し、更に本人の意思に関わらず、見境なく人を襲ってしまう凶悪な性質に変化してしまうために水を非常に恐れている。

の途中で立ち寄った地球ではが「朔」(演:高野八誠)、が「望」と名乗り、とある名家に居候していた際、そこの令嬢「まひる」とに落ちた望が、彼女の「の中のを摘んできてほしい」という願いを聞き入れてやむなく水を浴びた事により怪物化。

力と理性の制御を失った彼は、まひるを殺害してしまい、その後、姿を消して行方不明となっていた。

その後、どのような経緯があったかは不明であるが、100年間、とある地下道で長い眠りに付いていた。
一方、弟と別れた朔は、100年後の現代にて、一般人の尾形俊行として生活していた。

そして100年後に目覚めた望は、自身が彼女を殺してしまったという事実を受け入れることが出来ずにおり、彼女に会いたい一心で、あの日、まひるが来ていたのと同じワンピースを着た若い女性を(渡し損ねた花を渡すという理由から) 無差別に襲うという凶行を重ね続けていた。

そんな彼の凶行が起こした事件を調査していたジンたちと、彼の凶行を止めたいが為に彼らに協力した兄の尾形俊行こと望により、最後は潜伏先の地下道に追い詰められ、ULTRASEVENXと激闘を繰り広げる。

ULTRASEVENXの放った『アイスラッガー』で致命傷を負った彼は、兄の朔に見取られながら、静かに息を引き取り、消滅。愛するまひるの元へと旅立っていった…。

なお、あれだけ恐れていた水に望が触れた理由は「自分のまひるへの想いが宿命を超えてくれる」と強く願っていたが故の行為であり、決して悪気が有った訳ではなく、今回の事件もその思いが届かなかったことが生んだ哀しい事故でしかなかったことが、物語の終盤にて語られている。
同時にまひるが自分のために苦手な物の中へ飛び込めるか、愛の証を確かめたかったが故のお願いだった。
まひるの願いは女性らしい愛の試練と解釈するか、相手の事情を思い遣れぬ女の性(さが)と見るかは、視聴者に委ねられる。

ちなみに現代人尾形俊行として生活していた朔も、この事件を契機に正体が発覚した為、(おそらく悲しい思い出が多すぎるという理由もあって)密かに姿を消している(地球から旅立ったものと思われる)。

余談


関連項目

ULTRASEVENX 宇宙人 哀しき悪役 ジャミラ:こっちは水を浴びると死んでしまう。 狼男:モデル

pixivに投稿された作品 pixivで「獣人(ULTRASEVENX)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10728

コメント