ピクシブ百科事典

神重徳

かみしげのり

大日本帝国海軍の軍人。何かとエキセントリックな言動が多く「海軍の辻政信」の異名をとった。

1900年生まれ。海兵48期を卒業。帝国海軍きっての奇人の一人。とにかく強気で狂信的な言動が目立ち「神さん神がかり」と揶揄されるほどエキセントリックな人柄で生前から評判だった。

太平洋戦争開戦時にはパナマ運河攻撃を立案するが却下される。
第一次ソロモン海戦では巡洋艦による夜襲を立案し見事成功させる。
1943年3月にはニューギニアへの強行輸送作戦である八十一号作戦を立案。「全滅覚悟でやってもらいたい」と主張し実行させるが途中で船団が壊滅し「ダンピールの悲劇」と呼ばれるほどの大損害を出した。
その後巡洋艦「多摩」艦長としてキスカ島撤退作戦に参加。
サイパンの戦いでは戦艦山城特攻作戦を立案するが却下される。
レイテ沖海戦では捷一号作戦を立案しするが栗田艦隊の反転により失敗に終わる。

沖縄戦では大和特攻作戦を強行したことで悪名高い。

終戦直後の飛行機事故で不時着水後、同乗者はアメリカ軍の駆逐艦に救助されたが、神だけは行方不明となった。

余談

佐藤大輔の『征途』をはじめ、なぜか架空戦記では良くも悪くも大活躍をすることが多い。
90年代の架空戦記ブームのころの作品ではほぼ定番キャラであった。

pixivに投稿された作品 pixivで「神重徳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5413

コメント