ピクシブ百科事典

豆腐小僧

とうふこぞう

豆腐を持つ小僧姿の妖怪。
目次[非表示]

概要

をかぶり、丸いに乗った豆腐を持つ子供の姿をした妖怪。持っている豆腐には紅葉の型が押されている場合が多い。一つ目の姿に描かれる場合もある。
本来の「草双紙」などにおける豆腐小僧には特別な能力などは無く、酒や豆腐を届けに行く小間使いとして登場することが多い。雨の夜などに人の後をつけて歩いたりするが、特に悪さはせず、たいして人間にも相手にされない。軟弱な妖怪とされ、仲間にいじめられる例もある。
見越し入道を父、ろくろ首を母とする説もある。

近年の作品では、勧められた豆腐を食べたものは、全身がカビだらけになってしまうという設定も見られる。

創作での扱い

ゲゲゲの鬼太郎

3期鬼太郎106話「とうふ小僧と山神」に登場し、自然破壊を繰り返す人間に罰を与えるために山神に派遣され、人間の体をカビだらけにしてしまう。5期鬼太郎では妖怪横丁に住んでいるが出番は少ない。
また角川つばさ文庫では、東亮太が書いた「ゲゲゲの鬼太郎おばけ塾 豆腐小僧の巻」が発刊されてる。

落第忍者乱太郎

五年い組の久々知兵助が豆腐好きのためにこの渾名で呼ばれる。

妖怪大戦争(2005年版)

雨上がり決死隊蛍原徹が衣装を着たまんまの姿で演じている。

豆富小僧

京極夏彦原作による小説作品およびアニメ映画。「豆富小僧」の他、設定を変えた「豆腐小僧双六道中ふりだし」「豆腐小僧双六道中おやすみ」「豆腐小僧その他」が発刊されている。

関連タグ

妖怪 一つ目小僧 豆腐
見越し入道 ろくろ首

pixivに投稿された作品 pixivで「豆腐小僧」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17868

コメント