ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

バンド名の由来は「セックスピストルズよりすごいバンドになる事」から。
その他にも、(ピストルズが主体とする)パンクロックよりリズムが速いヘヴィメタルをマシンガンの連射に例えたことにも由来している。
ファンはマシンガーという愛称で呼ばれる。

母体はヴォーカル・ギターのANCHANG鹿児島県第一工業大学在学中に活動していた学生バンドである。
卒業に伴い一端解散したものの、ANCHANGが後にメンバーを集め直し活動再開。
ヴィジュアル系イベントやメディアにもよく出ており、ライブの振り付けなどヴィジュアル系のノリも取り入れていた。これは当時、メタルではライブハウスに出してもらえなかったのでヴィジュアル系のテイストを混ぜ込んでいたため。

1998年4月22日シングル『HANABI-la大回転』とアルバム『SEX MACHINEGUN』でメジャーデビュー。「Burrn!」のレコ評で「採点不可」と言われる。
そのわずか一年半後の2000年1月7日日本武道館単独公演を満席にする快挙を成し遂げる。

後述のようにメンバーの入れ替わりや活動休止も何度か起こっており、ANCHANGのみがオリジナルメンバーである。現在は紆余曲折あり事務所を独立し、日音系レーベルカナメイシレコード」での活動となっている。

みかんのうた」などの曲が知名度が高い。


現在のメンバー

  • ANCHANG(あんちゃん):愛媛県新居浜市出身。設立者でありオリジナルメンバー。ヴォーカル、ギター担当。多くの作詞作曲を手がける。
  • SHINGO☆(しんごスター):沖縄県出身。ベース担当。バンド加入前はポップスバンドという畑違いだったが現在はANCHANG以外では歴代最長のメンバーである。スラップも得意で前任達のベースを一通りこなせる。また台湾人のハーフで、それが縁でChthonicのサポートベースも務めた。

※別メンバーを入れて『ザ☆メンテナンス』としても活動することも。

主な元メンバー

  • 土屋裕史:初代ドラマーで鹿児島の結成当初からメジャーデビュー直前まで在籍していたANCHANGに次ぐオリジナルメンバー。通称MAD Power。
  • NOISY宮崎県延岡市出身。メジャーデビュー時のベース担当。いとうのいぢのPNの元ネタの1人。
  • SUSSY:メジャーデビュー時のギター担当。正式メンバー時代は「ハレンチ」キャラとしていた。一度脱退するも、2012年サポートで復帰。2021年現在もサポートとしてセカンドギタリストの籍を置いており、正式復帰を望む声が多い。
  • SPEED STAR SYPAN JOE:メジャーデビュー時のドラム担当。激しいドラムのせいで椎間板ヘルニアを発症。一度脱退を余儀なくされた。後にDASEINなどでも活動。
  • CLUTCH.J.HIMAWARI奈良県出身。2001年~03年のドラム担当。
  • CIRCUIT.V.PANTHER三重県出身。3期末期及び4期のギタリスト。ギターテクニックに定評がある。脱退後はJOE、研次郎と共にCYCLEを結成。
  • SAMURAI.W.KENJILAWcali≠gariのメンバーとしても名高いベーシスト。2004~06年。
  • KEN'ICHI:2007年~12年(5期)のドラム担当。SHINGO☆より先に加入し、ANCHANGとは同郷。イケメンでテクニカルなドラマーだったがそれ故に本人とは適材不適所だったのではと囁かされている。現在は不定期でサポートとして復帰。
  • LEON:2014年~19年(6期)のドラム担当。父親は沖縄の大御所バンド『紫』のKey.ジョージ紫。D1のテーマソングを担当した8-BALLのメンバーでもあり本人も参戦したことがある。


関連項目

コミックバンド:NOISY在籍時代はこうとられることもあった。

関連記事

親記事

HR/HM はーどろっくへゔぃめたる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「SEXMACHINEGUNS」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15207

コメント