ピクシブ百科事典

ななみゆ

ななみゆ

「ななみゆ」とはゲーム『アイドルマスターシンデレラガールズ』に登場する安部菜々と三船美優のカップリング。
目次[非表示]

概要

ウサミン星から来た永遠の17歳」を自称する安部菜々と、[アニマルパーク]など何かとお色気な格好をさせられる26歳の三船美優
うわキツ」と言われがちな2人のアイドルだが、両者にボイスが揃ったのをきっかけに交流を深めている。消極的で頼りなさげな美優を、アクティブで人助けが好きな菜々が支える構図が多い。
特筆すべき事項として、美優は菜々の「17歳」設定を信じている点が挙げられる。本当に9歳年下の女の子だと思っているため「菜々ちゃん」と呼び、歳のわりにしっかりしていると感心する。一方の菜々は、美優の前で墓穴を掘って怪訝な顔をされては、必死に自己弁護するのがお約束となっている。

シャイニーナンバーズ

第5回シンデレラガール総選挙」の結果を受けて2016年7月22日に配信されたラジオ「シャイニーナンバーズ」。そこで美優がパーソナリティ、菜々がゲストという扱いで初共演を果たす。この日は美優の担当声優のお披露目でもあり、美優にとっては特別な日であった。

本編では「ラジオは不慣れ」という美優に代わって、ゲストの菜々が実質上の進行を務め、美優がそれに応えるという形でコーナーを進行。アロマテラピー、オーガニックのお茶、ボディーバターなど美優の女子力が次々と明るみになり、菜々が「女子力の高さに目がやられてしまいそう~」と悶絶するほど。一方で「若いのに博識なんですね」と、美優の何気ない言葉に菜々の冷や汗が止まらなくなる場面も多々あった。終始美優のかわいさを引き出して「カワイイ~」とアシストし続けた菜々だが、その手際はまるで熟練の先輩アイドルのようだったという……。
終盤、「これからも温かくお願いしますね」と菜々がリスナーへ呼びかける。これは当時ド新人だった原田彩楓(美優役)について「一門」こと三宅麻理恵(菜々役)からの含みを持たせた台詞と取れなくもない。

11月16日発売のCD「Take_me☆Take_you」では、ラジオのオープニングでもある同曲を他の7人と一緒に歌唱している。

シャイニー・アーリーデイズ

2016年12月9日からのイベント「LIVEツアーカアーニバル ディアリースターナイト ~聖夜のキセキ~」で、2人がデュオユニット【シャイニー・アーリーデイズ】を組んで登場した。
ユニット名を和訳すると「輝ける在りし日」。若いころはよかった……と取るとなんとも自虐的なネーミングだが、台詞でラジオの件について触れているので「シャイニー(ナンバーズ)の初期(メンバー)」と捉えておくのが無難である。はず。
イベントではXmasフェス本選に駒を進めた強豪アイドルとしての出演。季節に合わせてサンタ服の衣装でそろえている。

  • 菜々「美優さん! ふたりのクリスマスパワーでバッチリ勝利、しちゃいましょう!」
  • 美優「はい…ラジオの時のようなチームワークで頑張りましょう、菜々ちゃん」
プレイヤーが負かすと菜々の腰にガタが来てしまい、美優にさすってもらう事態に。
フェス優勝者に贈られるという願い事については、菜々が「ウサミン星の繁栄」、美優は「思い出をいつまでも色褪せないように」と答えている。

宵乙女

2016年12月31日、『スターライトステージ』で開催された「LIVE Groove Visual burst」に揃って登場。ここでは高垣楓片桐早苗佐藤心とともに五人組ユニット【宵乙女】を組み「命燃やして恋せよ乙女」を熱唱した。

メンバーの中で唯一、菜々の「設定」を知らない美優は、菜々が『大人のアイドルユニット』という企画コンセプトにそぐわないことをいぶかしがっていたが、楓さんが「年齢よりも楽曲のイメージを優先した」と助け舟を出したため事なきを得る。
さらに菜々と懇意の仲である佐藤心(26歳)が、菜々のことを「パイセン」と呼んでいる件について突っ込むと、菜々は「それについては今度、ご飯でも食べながら話しましょう」と問題を先送りするのだった。
菜々にとっては綱渡りの状況だったが、佐藤・美優が悩んでいた「BBAじゃなく、オトナっぽくて素敵だなー」と思われるにはどうすべきかという問題について「オトナの女性を演じてみるのはどうでしょう」とアドバイスを送り、美優から「若いのにしっかりしているんですね。読書の習慣があったりするのかしら」と感心されている。
もはや心配になるほどの騙されっぷりだが、別の場面で佐藤は美優のことを「悪い男に引っかかりそう」と評している。引っかけているのは悪い男ではなくウサミン星人だが……。

ホワイトデー決起会

2017年3月9日からの「第22回アイドルLIVEロワイヤル」にて、菜々・美優・和久井留美というメンバーで【ホワイトデー決起会】というトリオユニットが登場した。
以前に登場した【バレンタイン反省会】の続編的なユニットだが、服部瞳子が抜けて菜々が入っている。
バレンタインデーでの想いが届いたかどうか「ピピッと、みなさんの気持ちを受信してみますね!」と菜々。LIVEバトルの結果によって客席の反応が変わる仕様。
台詞は【バレンタイン反省会】とは打って変わって、純粋なアイドルとしての喜びを表すものになっている。

  • 美優「みんなで叫びましょう…たくさんの感謝を、たくさんの愛を…!」

5thライブ連動企画

『シンデレラガールズ』の5thライブである「SerendipityParade!!!」の開催期間中、『スターライトステージ』ではそれと連動したコミュが追加される企画を行っていた。
2017年7月8・9日の「幕張公演」では、出演者に菜々役の三宅麻理恵と美優役の原田彩楓が含まれていたため、「幕張公演」前後には菜々と美優が会話するコミュが追加された。
幕張メッセの広さに緊張を隠せない美優を、幕張に土地勘があるという菜々が勇気付ける。

  • 菜々「まぁ、ナナにとっては庭みたいなものですから!」
  • 美優「……お近くに、お住まいなんですか?」
と、今度はウサミン星の所在地までバレそうになるのだった。

公演後はお互いのパフォーマンスを「素敵でした」「キラキラしてましたよ!」と褒めあう仲睦まじさ。
しかし中打ちの話になると、早苗さんがビールを注いでいる姿を想像して悦んでしまう菜々。もう何度目の墓穴だろう。

カミング・オブ・エイジ!

2017年12月31日からの「ドリームLIVEフェスティバル新春SP(第34回)」にて、佐藤心を加えたトリオユニットが登場した。
登場した2018年1月8日は成人の日で、晴れ着のごとく全員着物のカードでそろえている。
新成人にお祝いの歌を贈ろうとするも、

  • 美優「新たな門出を祝して…」
  • 菜々「かんぱーいっ☆」
と盛大にかましてしまう菜々。表示カードが[ハッピーニューウサミン]特訓前の甘酒を飲んでいる姿なので、もう宴会の音頭を取っているようにしか見えない。慌てて「成人はまだなんで! タノシミダナー!」と繕う菜々であった。
美優が成人式の思い出を振り返っていても、「ナナ、成人が待ち遠しいなーっ!」と永遠に来ない日を待ちわびるフリをしなければならない。ウサミン星へは茨の道が続いている。

プレシャスホワイト

PreciousWhite


2018年3月14日からの「第28回アイドルLIVEロワイヤル」にて、服部瞳子和久井留美とともにカルテットで登場。「バレンタイン反省会 with ウサミン」「ホワイトデー決起会 with 瞳子」とでも言うべきメンバーで、昨年に続いてホワイトデーを祝福している。
全員が大人のドレス姿で揃えており、菜々は[花嫁☆ウサミン]、美優は[彩りの軌跡]。

  • 美優「祝福の歌を、みなさんに…」
  • 菜々「ナナたちの想い、歌にのせて!」

立ち上がれ!光の冒険者 / シュテルング・サーガ

2018年4月30日からの「立ち上がれ!光の冒険者ガチャ」で、本田未央・菜々・美優がSRとなって登場。ファンタジーの世界で菜々は弓使い、美優は錬金術師を演じた。

シンデレラガールズ劇場』1089話「勇者ミオの冒険~魔女」では、敵の砦に捕えられていた美優を菜々たちが助け出す。美優は他人のために錬金術を使いたかったが、村人から理解を得られず「魔女」と呼ばれ、忌避されていた(という設定)。
「伝説の魔女」を探す菜々たちだったが、美優こそがその当人と気付かず「とてつもなくヤバい」「絶世の美女」「高貴と尊厳に溢れてる」と人づてに聞いた情報を並べ立てたため、気恥ずかしくなった美優は沈黙してしまう。
菜々が無自覚に美優を追い詰めてしまうというのは、いつもと逆の構図である。

ガチャと同時開催の「第37回ドリームLIVEフェスティバル」では、未央を含めたSRのメンバーで【シュテルング・サーガ】というユニットを組んで登場。ここでは特訓後の姿で、未央を中心としたパーティになっている。

  • 菜々「諦めずに進み続ける…それが冒険で得た答えですっ!」
  • 美優「みなさんと一緒なら、希望ある明日に辿りつけると信じて…」

関連タグ

アイドルマスターシンデレラガールズ
安部菜々 / 三船美優
アイドルマスターシンデレラガールズのカップリング一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「ななみゆ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23736

コメント