ピクシブ百科事典

エアロスミス(ジョジョの奇妙な冒険)

えあろすみす

ジョジョの奇妙な冒険Parte5『黄金の風』に登場するスタンド。ラジコン飛行機のようなデザインが特徴である。

概要

本体はナランチャ・ギルガ
【破壊力 - B / スピード - B / 射程距離 - 数10m / 持続力 - C / 精密動作性 - E / 成長性 - C】
自由に操作できる小さなプロペラ戦闘機と、本体の片目に追従するレーダーの2部分からなる遠隔操作型スタンド。 出現させるときと収納するときは、肩から背中を滑走路代わりにする。

レーダー部分では二酸化炭素を検知することができ、ナランチャが目視できない場所でも二酸化炭素レーダーを通して位置(敵が呼吸している場所)を確認し、機体下部に装備された機銃爆弾で攻撃できる。これらの武装は小型ながら実物の兵器と遜色のない威力を持ち、機銃は命中すれば自動車の車体に風穴を開け、爆弾は爆発で自動車の窓ガラスを吹き飛ばす程。しかも弾切れを起こすような描写はない。実際の銃火器と変わらないレベルのものを無限に撃てるとするとなかなか恐ろしい殺傷力を持ったスタンドである。
また、プロペラで敵を切り刻むという荒業を見せたこともある。スタンド像が人型では無いため格闘戦は不可能であるが、ナランチャ自身の腕っ節と機転でその点はどうにかしている。

スタンドの射程距離がチームメンバーのなかでも特に広いため、二酸化炭素レーダーの能力も相まって護衛チームの索敵全般を担っている。
欠点としては、レーダーは大小の点や丸でしか表示されず、誰が呼吸をしているか、そもそもその点(二酸化炭素)が呼吸によるものかすら見分ける事ができないので、大量の二酸化炭素があるところ(火災現場や人ごみなど)だと目標の特定が難しく、逆に混乱してしまう場合もある。
また、レーダーは探知の精度を任意に切り替えられるといった機能も備える。作中ではごく僅かな呼吸をしている敵を見つけ出すため、カエルや野ネズミの呼吸レベルまで二酸化炭素の探知精度を上げることもあった。呼吸の荒さもある程度判別できる模様。

ラッシュ時の決め台詞は
「ボラボラボラ……ボラーレ・ヴィーア(飛んで行きな)

実は暗殺チーム一番最初の敵一番最後の敵を倒したスタンドである(ただし後者は別の二者の戦いに利用され介入させられた形ではあるが…)。ある意味暗殺チームの戦いはエアロスミスに始まりエアロスミスに終わったと言えよう。

元ネタは言わずと知れたアメリカのロックバンドAerosmithから。実は彼らの名を国内中でも有名にした「ミス・ア・シング」は丁度5部連載真っ只中にリリースされた曲だったりする。

関連項目

ナランチャ・ギルガ スタンド 5部
ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧 戦闘機

関連記事

親記事

スタンド すたんど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エアロスミス(ジョジョの奇妙な冒険)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3835

コメント