ピクシブ百科事典

オオカミ男(漫画・仮面ライダー)

おおかみおとこ

ここでは、漫画『仮面ライダー』に登場するオオカミ男について解説する。

概要

漫画『仮面ライダー』の最終章『仮面の世界』編の終盤に登場した改造人間

TVシリーズのゾル大佐の正体である狼男実験用狼男と違い、同じ作品内に登場したジャガーマンと同じく本物の狼そのもの姿をしている。

また人語を話す事も無く、ただ恐ろしげな呻り声を上げるのみで、その姿は完全にに飢えた野獣そのものである(決して野犬でもなければ、ただの狼にしか見えんなどと突っ込んではいけない‼)。

具体的な能力は不明だが、おそらくジャガーマンと同じく狼の俊敏性を活かしての鋭いを使っての攻撃を得意としていると推測される。

『10月計画』の本部にして重要な要であるショッカーの地下要塞の表向きの姿である『牧場(ショッカー牧場)』の番犬(警備兵)の役割を担っているようで、2号を助ける為に一人脱出した滝次郎の前に突如として姿を現し、ケンタウロスと共に襲い掛かり、彼のを負傷させ追い詰める。
最早これまでと思われた時、以外を機械として復活し、彼らを助ける為に駆けつけた本郷こと1号ライダーの『ビームガン』で射殺された。

関連項目

ショッカー怪人  仮面ライダー(漫画)

コメント