ピクシブ百科事典

ギュルンバ

ひとくいそうじき

ギュルンバとは、特撮番組「電光超人グリッドマン」に登場する怪獣である。
目次[非表示]

データ

身長74m
体重8万4千t
別名吸引怪獣
出現地掃除機のコンピューターワールド


概要

第32話「人間掃除機の襲撃!」に登場。
藤堂武史が、道端にガムを吐き捨てた男に注意したにもかかわらず逆切れされ、暴行を受けたことに激怒し、最新型掃除機のコンピューターに送り込んだ怪獣。
掃除機のシステムを両手から放つ突風で破壊し破片を吸い込んだことで掃除機が暴走を始め、ガムを吐き捨てた男やジュースの空き缶をポイ捨てした尼崎巡査、指定日を無視してゴミを出した井上良枝、煙草の吸い殻を道に捨てた馬場寛司、玄関前の塵を道路に捨てた馬場彩子、使い終わったティッシュを道に捨てた実演販売業者等、街を汚す人間を無差別に吸収する「人食い掃除機」へと発展した。
吸収された人間は掃除機の真空パック処理機能によって窒息で苦しめられることとなる。
両腕に鋭い鉤爪を持ち、両手の発射口から放つ突風を使った吸引攻撃と光弾を武器としている。
掃除機が自動で動いていたため侵入方法が掴めなかったが、馬場一平が自分の家に誘導して、掃除機が目の前にあったコンセント充電を始めたすきにグリッドマンが突入する。
吸引攻撃でグリッドマンを苦しめたが、サンダージェットの攻撃で下顎が破壊され吸引できなくなり、サンダーグリッドマンに光弾もかき消され、サンダーグリッドビームを浴びて消滅した。

余談

  • この事件の後、ガムを吐き捨てた男は懲りずにガムを吐き捨て、武史に再び注意され、またしても逆上し暴行を振るおうとしたが、武史にギュルンバのことを持ち出されたためおびえて逃走していった。このことから、(やり方は問題ありだが)武史が善行を行いハッピーエンドとなる珍しい回だった。
  • 作中でギュルンバはガムを吐き捨てた男を吸い込むところを見ていた武史から直接声で命令を受けておりグリッドマン怪獣の中ではシノビラーほどではないが高い知能を保持していた様な描写がある(命令を理解したのか鳴き声を上げつつ首を振って頷く様子も見せていた)。
  • 着ぐるみはバモラの改造。改造前のバモラは現実世界への出現を狙っていたがギュルンバは掃除機に憑依する形で出現しておりバモラ系列の目的は達成されたことになった。
  • 勝手に動き回る掃除機が人間を吸収するという解りやすくも恐ろしい描写からトラウマに挙げる視聴者も多い。アニメ『SSSS.GRIDMAN』の企画「時空を超えた〇〇話」でも第一回にこの回が選ばれている。


関連タグ

電光超人グリッドマン グリッドマン怪獣 掃除機

コメント