ピクシブ百科事典

コロラド級(艦隊これくしょん)

ころらどきゅう

コロラド級とは、かつてアメリカ海軍が所有していた戦艦の艦級。ここでは『艦隊これくしょん』に登場する、この戦艦をモデルにしたゲーム・キャラクターについて解説する。
目次[非表示]

ここでは『艦隊これくしょん』に登場するコロラド級について取り扱う。
史実のアメリカ海軍のコロラド級戦艦については「コロラド級戦艦」の記述を参照されたし。

概要

アメリカ海軍の戦艦の一つ、「コロラド級戦艦」をモチーフとする戦艦娘の一種。
2021年2月現在、艦隊これくしょんには2番艦のメリーランド、3番艦のウェストバージニアは未実装。
日本の長門型、イギリスのネルソン級とともにビッグ7と並び称された戦艦級で、2019年春イベント『発動!友軍救援「第二次ハワイ作戦」』の最終海域突破報酬として1番艦のコロラドが実装された。
本級の実装をもって、アメリカ海軍イギリス海軍に次いで2番目となる複数の戦艦級を保有するグループとなった。

実装に先立つ2019年4月30日にはランキング報酬として本級の主砲である「16inch Mk.I連装砲」とその上位版である「16inch Mk.V連装砲」「16inch Mk.VIII連装砲改」が配布されており、この時点でコロラド級実装が期待されていた。

コロラド級は前級であるテネシー級の改良型として、1917年の海軍整備計画において建造された。
元々は35.6cm3連装砲塔4基を搭載する予定であったが、日本海軍が建造した16インチ砲搭載艦である長門型に対抗するために16インチ連装砲塔に変更した。
この為装甲に関しては対35.6cm砲レベルのままだったと言われているが、前級のテネシー級の時点でその時代の16インチ砲対応の装甲が施されていたとも言われている。
しかし第一次大戦から第二次大戦の間は砲と砲弾が急速に進歩した時代でもあり、コロラド級は装甲への改装は3番艦のウェストバージニア除いて大規模な改装は行われなかった為第二次大戦時の16インチ砲には耐えられないとも言われていた。
主砲が連装砲で装備された最後のアメリカ戦艦級で、以降に新造されたアメリカの戦艦級は全て三連装砲が標準となっている。

艦娘

実装済み

センシティブな作品


2019年春イベント『発動!友軍救援「第二次ハワイ作戦」』の最終海域突破報酬として実装。ビッグ7としては通算4隻目。
現在実装されている戦艦級の中では下から2番目の全長(1番小さいのはガングート)で実装済のアメリカ艦の中では1番の最年長。
しかし可也の童顔な上に出撃時での名乗りで息切れしたり何処か背伸びした感もあり、提督達からは「コロちゃん」の愛称で親しまれている。
最近同等かそれ以上に童顔な弩級戦艦が実装された

未実装

  • 二番艦「メリーランド」(USS Maryland, BB-46)
  • 三番艦「ウェストバージニア」 (USS West Virginia, BB-48)


※「ワシントン(BB-47)」はワシントン海軍軍縮条約の影響で廃艦となったが次級のノースカロライナ級2番艦にて復活。後に実装されたノースカロライナ級2番艦ワシントン(USS Washington, BB-56)の制服は何処かコロラド級を思わせる制服となっている

事前に提督たちがつけていたあだ名は
「コロラド」・・・「コロちゃんorコロ助」
「メリーランド」・・・「メリーさん」
「ウェストバージニア」・・・「ウエ様」

関連タグ

艦隊これくしょん 艦これ 海外艦
アメリ艦娘 ビッグ7 長門型 ネルソン級


戦艦娘一覧

金剛型扶桑型伊勢型長門型
大和型ビスマルク級ヴィットリオ・ヴェネト級アイオワ級
クイーン・エリザベス級ガングート級リシュリュー級ネルソン級
コロラド級サウスダコタ級ノースカロライナ級コンテ・ディ・カブール級

関連記事

親記事

戦艦娘 せんかんむす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「コロラド級(艦隊これくしょん)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 276485

コメント