ピクシブ百科事典

伊勢型

いせがた

伊勢型とは、大日本帝国海軍が保有していた戦艦の艦級、並びに、ブラウザゲーム『艦隊これくしょん』に登場する、前述の戦艦をモデルにした艦娘のことである。本項では後者について解説する。
目次[非表示]

ここでは『艦隊これくしょん』に登場する伊勢型について取り扱う。

史実での伊勢型については「伊勢型戦艦」を参照のこと。
他に用法に関してはそれぞれの項目を参照

概要

性能面

大日本帝国海軍戦艦の艦級「伊勢型」をモチーフとする戦艦娘
扶桑型の失敗を踏まえた再設計がなされたという史実により、彼女達より若干の能力向上がある。
速度が低速である点を除いては、耐久と火力が若干低いだけで、無改造でも金剛改型と同程度の数値を持っている。
などは若干高いほどであり、燃費もほんの少しだが良い。
なおレイテ沖海戦において、二隻とも米軍からの怒涛の攻撃を避け続けた史実からか、回避も巡洋艦並の高さになっている。
史実での所属は開戦当初は第一艦隊第二戦隊であったが、航空戦艦改装後は第四航空戦隊に転属している。
日本海軍が最後に、それも損害を出さずに成功させた、キスカ島に続く二度目の「奇跡の作戦」、北号作戦の立役者でもある武勲艦姉妹である。

更にLv10という破格の低さで航空戦艦に改造できる点も大きな特徴であり、改造すると火力は低下するものの、それ以外のステータスが上昇し、水上機運用能力を得る。また2014年4月23日の着弾観測システムの実装による昼戦での連撃・カットインが追加された為、ネックとなっていた火力面の見劣りも解消された。
初期装備の零式水上偵察機ではせいぜい軽い索敵くらいしか出来ないが、瑞雲に載せ替える事によって今までの戦艦には出来なかった開幕爆撃・制空権確保の補助・対潜攻撃が可能になるなど、圧倒的汎用性を得るのが魅力。
史実の伊勢型航空戦艦は搭載機の配備の遅れもあって結果的に失敗したが、『艦これ』ではそういった問題もなく、それどころか「汎用性と生産性に優れた瑞雲」や「爆撃特化の試製晴嵐」や「対潜特化のカ号観測機」や「索敵・命中特化の零式水上観測機」など、艦載機バリエーションによって装備さえちゃんと整えればあらゆる戦局に対応可能となった。
逆に言えば、ちゃんと運用するには装備を吟味する必要があったり、多くの水上機がイベント報酬やレア艦初期装備のみだったり入手が難しかったり、運用の難易度は高め。

更に制空権の確保だけは単艦で行うのは難しいため、上記のように水上機を運用する場合は出来るだけ制空権確保を可能とする艦上戦闘機を積んだ空母とのセット運用が理想的である。戦艦特有の砲撃戦が2回になる特性も空母と相性が良い。
また、瑞雲・試製晴嵐・カ号観測機装備時は軽巡駆逐艦と同様に潜水艦を優先的に狙う特性が発生してしまうため、潜水艦オンリーの艦隊を相手取る場合は問題ないものの、潜水艦を含む混成艦隊を相手取る場合は肝心の戦艦の高い砲撃能力を活かせなくなるため、それを防ぐために水上機を零偵や零観などの攻撃を行わない機種に差し替えたり、電探砲弾、対空砲に積み変える必要が生じるなど、運用にあたっては注意が必要である。
逆に言うと、1-5や一部イベント海域のようなほぼ潜水艦のみの海域の場合、砲撃を二巡化しながら自身も対潜攻撃を行えることは大きなメリットとなる。

現時点での苦境

上記の特徴を持つ伊勢型であるが、現状は相当な苦境に立たされている。
主な原因は扶桑型の改二実装。
従来、伊勢型は扶桑型の実質的な上位互換であったのだが、改二が実装されたことでそれが逆転してしまった。
また、ほぼ同時期に実装された、従来よりも強力な艦隊防空システム(当然ながら敵側も同じシステムで防空を行う)も、1スロットの搭載機が最大14の伊勢型にとっては脅威となっている。

活路

しかし扶桑型改二は燃費が壊滅的に悪化するため、対潜哨戒など砲戦火力が求められない場では逆に燃費や回避で勝る伊勢型の独壇場となった。
そして艦隊防空システムは同時に伊勢型に新たな活路を示した。
伊勢型は史実でのレイテ沖海戦にて弾幕射撃により敵艦載機を何十機も撃墜したのだが、艦これに於いても91式高射装置にて艦対空カットインが可能となり、自軍艦載機の消耗を抑えるのに役立つ事が判明。火力は低いが高めの耐久による継戦能力、対空能力、運いずれにも秀でる伊勢型はこのシステムにうってつけの艦である。
2018年1月27日にランカー報酬として先行実装され、後日任務及び改修工廠で入手可能となった新装備「12cm30連装噴進砲改二」と対空電探・三式弾との組み合わせで専用の対空カットインが発動可能となった。固定ボーナスは+7で変動ボーナスは×1.55と戦艦戦艦の汎用カットインである「大口径主砲/三式弾/高射装置/対空電探」(固定ボーナス+6、変動ボーナス×1.5)より性能が高く、補強増設に装備可能な為、夜戦連撃を維持したまま高性能な対空カットインが可能となった。また「12cm30連装噴進砲改二」と対空電探で固定ボーナス+4。変動ボーナス×1.4と「高角砲+高射装置/対空電探」で発動する汎用カットインと同性能の対空カットインが出せる。此方なら補強増設を用いれば「大口径主砲/大口径主砲/水偵/対空電探/補強増設:12cm30連装噴進砲改二」の装備構成で昼連撃と夜戦連撃の併用も可能となる。


将来の予想

艦隊防空システムについては検証を要する点も多いが、これによる影響次第では防空重視の戦艦としての道が切り開かれる可能性も高い。また、これらの事から伊勢型の改二は防空能力を重視した防空戦艦となるのでは、との予想も出ている。

一方、航空戦艦化への起点段階では「余剰の戦艦を(既存の艦橋も撤去して)全通甲板を持つ空母に改装する」ものであったことから航空母艦になるのではないか、という予想もある(さらに付け加えるなら、当代のひゅうがいせは全通甲板を持っている)。

また上記2説について「改装設計図」実装の頃から分岐進化は噂されていたが、2015年9月に翔鶴改二翔鶴改二甲の実装により現実味を帯びてきた。

しかし、史実において世界で唯一の航空戦艦であるという強烈なアイデンティティーを持つ伊勢型の艦種を変えるべきではなく、本家「航空戦艦」としての正統進化を望む意見が非常に強い。

そして2018年5月27日の「よみずいランド」のファイナルステージで6月中旬に伊勢改二の実装が伝えられ更に「if改装」である事も合わせて伝えられた。発表されたシルエットでは「右手に三連装砲、左手に弓、後部に飛行甲板」が確認でき扶桑型改二とは違う航空戦艦としての改二へと変貌をとげる模様

性格について

フランクでハイテンションな伊勢に対し、日向は初期状態ではどことなく厭世的な面を見せる。しかし、レベル10という早い段階で日向改となると、いきなり現実逃避じみた航空戦艦アゲになる。

一方的に滅多打ちにされたとはいえ、扶桑型は米艦隊と直接砲火を交えている。しかもレイテ沖で戦没しているため、その後の特攻の濫発も、原子爆弾投下の惨状も見ていない。
神通のコロンバンガラ沖海戦における壮絶な最期の報を聞いた那珂の乗員が「羨ましい」「ずるいとすら思った」と手記を残しており、当時、現場の人間にそのような心情があった事が見てとれる。
また伊58北上は、特攻に対して拒絶反応を示している。

伊勢型はただの一度も敵艦と砲火を交えず(日向は敵艦に対しての主砲発砲経験あり)、挙句には輸送艦代わりに使われ、最後は呉で着底し身動きもならぬ身で敗戦を迎えているため、この2人は実は扶桑型より不幸、という説もある。

艦娘

伊勢

らぶりー伊勢ちゃん


陽気でお調子者な一番艦。公式4コマでは裏主人公とまで呼ばれる。

日向

日向




クールで貫禄のある二番艦。航空戦艦へ改装した後は航空戦艦アゲの台詞を放つナルシスト的な一面も見せ、航空巡洋艦となった最上を気に掛ける様子も見られる。

田中賢介Pによれば、護衛艦ひゅうがの命名・進水が艦これ誕生のきっかけだったという。
また、田中P原作「いつか静かな海で」の事実上の主人公であり、2018年現在2度に渡って開催された瑞雲祭りの主役でもあり、運営によって1/20戦艦日向が建造されたり、海上自衛隊護衛艦ひゅうがへ公式イラストが正式に贈呈されたり(これも艦これ運営としては初)と、艦これの主人公は実は日向なのではないかとも思われている。

戦艦娘

金剛型扶桑型伊勢型長門型
大和型ビスマルク級ヴィットリオ・ヴェネト級アイオワ級
クイーン・エリザベス級ガングート級リシュリュー級


関連タグ

艦隊これくしょん 茶艦娘 戦艦娘 ブラウンヒロイン 
艦これアーケード 伊勢と日向が推しメンとなっている。発売・開発がセガで「『い』と『ひゅう』」から

pixivに投稿された作品 pixivで「伊勢型」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1881790

コメント