ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

シン・アスカ「この間はジャスティスだったから負けたんだ!デスティニーなら、お前らなんかにっ!」


概要編集

劇場作品「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」序盤の戦闘にてイモータルジャスティスに搭乗し戦っていたシンだが、ファウンデーション王国の策謀によって母艦アークエンジェルキラ・ヤマトライジングフリーダムと共に撃墜されてしまう。


その後宇宙に場を移しての決戦に際しかつての愛機の改修機デスティニーSpecⅡを受領、辛酸を嘗めさせられたブラックナイトスコード ルドラ4機を前に、言い放ったのがこれである。


そもそも何故イモータルジャスティスが負けたのかと言うと……

  • 武装がフェムテク装甲で無効化されるビーム武装が主流。
  • 小回りの利く武装を軸にしたカウンター戦法を主体とするアスラン・ザラ専用機のインフィニットジャスティスの運用データを基に開発された機体
    • 対して、シンの得意戦法はカウンターとは対極に位置する高機動と多種多様な高火力武装の使い分けを活かした一撃必殺戦法
    • 加えて、イモータルジャスティス搭乗時のシンはキラを意識した不殺戦法を用いていた
  • 機体性能でも機体数でも劣勢な防戦をしている最中、母艦であるアークエンジェルの撃沈に気を取られた
  • ジャスティスはアスランのイメージが強い

などが原因である。


その後編集

デスティニーは改修が施されていたとはいえ旧世代機。ビーム射撃を無効化する強力なフェムテク装甲を搭載した最新鋭機ブラックナイトスコード4機が相手では流石にデスティニーでも分が悪い……


と思いきや、愛機の復活や尊敬する上司であるキラから頼られた事実でテンションが最高潮に達したシンはデスティニーの装備全てを駆使して大暴れ。

新技である本物の分身まで披露し、ついでにルナマリア・ホークインパルスSpecⅡへのエネルギー供給ヒルダ・ハーケンの仇討ちのアシストをもこなしつつ4機全てを無傷で討伐した上に、先行していたムウ・ラ・フラガアカツキからゼウスシルエットを受け取りレクイエム破壊まで成し遂げてしまう大戦果を上げたのであった。


視聴者の反応編集

台詞だけ見ると責任転嫁や負け惜しみの類いではあるが、デスティニーでは本当に負けないどころか作中トップクラスの戦果を上げた光景を見せつけられたため、流石の視聴者も「まぁ…お前程の実力者がそういうなら…」と納得させられてしまう事になったようである。


それはそれとして、あんまりにもあんまりな物言いに上映中に笑ってしまったという視聴者もいた模様。


余談編集

2024年3月24日に人気投票企画「機動戦士ガンダムSEEDシリーズ グランプリ2024」の最終結果が発表され、MA・MS部門にてデスティニーガンダムSpecⅡが3位を獲得したが、特番で発表の際にメイリンがこのことをアスランにチクッていた。自分のあずかり知らぬ所で愛機の系譜を貶されたアスランは当然ながら「アイツぅ…!!」とその場にいないシンに憤っていた


関連イラスト編集

31位

ジャスティスの明日はどっちだ。


関連タグ編集

機動戦士ガンダムSEED FREEDOM シン・アスカ


イモータルジャスティス:敗因

デスティニーSpecⅡ:勝因

リ・ガズィ:主役級キャラが使うのに劇中登場人物からの評価が低い事がネタにされる機体繋がり。SEED FREEDOMが逆襲のシャアオマージュ要素が多々見られる作風と言う事もあり比較対象にされ易いポジションでもある。

関連記事

親記事

シン・アスカ しんあすか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4020

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました