2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ジャングレイダー

じゃんぐれいだー

ジャングレイダーとは、『仮面ライダーアマゾンズ』に登場するライダーマシン。
目次[非表示]

概要

全長2.300m
重量157.0kg
馬力187ps(137.5kw)
最高時速437km/h


野座間製薬が密かに開発していたアマゾン専用マシン。所謂ライダーマシン

仮面ライダーアマゾンジャングラーに似たデザインで、初代のジャングラーに比べ翼の部分が極端に縮小されている。
エンジン音とともに唸り声のような音を発しており、アマゾン細胞が使用された「生きているマシン」である可能性がある。
搭乗したアマゾンがハンドルである「ライドハンドラー」を握ることで、アマゾン細胞を介して意識を同調させ、バイクの搭乗経験がなくてもイメージ通りに走行させることが可能となる。
このマシンに乗り込んだ状態で繰り出す突進攻撃(俗に言うライダーブレイク)は凄まじい破壊力を誇り、劇中ではモズアマゾン強化体を一撃で木っ端微塵に粉砕している。

水澤令華の計らいで、「駆除班に補充要員として投入される新たなアマゾン」という立場になった水澤悠仮面ライダーアマゾンオメガに託された。

ネオジャングレイダー

たのしいがった場所にいくよ!


こちらは千翼仮面ライダーアマゾンネオが使用する専用マシン。複眼状のヘッドライトが黄色い点以外は、アマゾンオメガが搭乗しているジャングレイダーと同じ。
恐らく4Cから逃亡する際に盗んできたものと思われる。4Cに戻った後もそのまま使用している。

余談

機体は仮面ライダーギルスの専用マシン・ギルスレイダーの改造。
ギルスのスーツは既に腐敗してしまって存在しておらず、残されたギルスレイダーも「このまま腐らせておくよりは」という白倉プロデューサーの判断により、ジャングレイダーへと生まれ変わる事となったのである。

近年のライダーマシンはディテールを優先して(あるいは改造により車検が通らず)ナンバープレートを取得せず、私有地のみで撮影することも多いが、ジャングレイダーはナンバーがないにもかかわらず公道を走るシーンが多数存在する。
カブトエクステンダーにはナンバーがなく、マシンデンバードにはついていることから、2006年に法律が改正され、撮影でも公道ではナンバープレートを取得していないバイクを運転することが出来なくなったらしい。
元々ギルスレイダーが法律が厳しくなる前の2001年のバイクであったために、それの改造であるジャングレイダーも公道での撮影が可能となったようだ。

関連タグ

仮面ライダーアマゾンズ ライダーマシン ジャングラー

仮面ライダーアマゾンオメガ 仮面ライダーアマゾンネオ

ギルスレイダー

関連記事

親記事

仮面ライダーアマゾンズ かめんらいだーあまぞんず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1635

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました