ピクシブ百科事典

スクウェア三大悪女

すくうぇあさんだいあくじょ

スクウェア(現スクウェア・エニックス)の作品に登場する 古参のプレイヤーに嫌われる悪名高きヒロイン達。【三大悪女】といっても3人いるわけではない。
目次[非表示]

スクウェア三大悪女とは…

スクウェア・エニックスの新旧スクウェアの作品の中でも「主人公を平気で裏切る描写がある」「プレイヤーにとって性格がうざったい」などの理由でコテンパンに叩かれることの多いヒロイン達である(ただの描写不足かもしれないが)。
有名なネタらしく、半熟英雄でもたまにネタにされることがある。
「【三大悪女】といっても3人いるわけではない」。しかも彼女達は本来の『悪女』という定義から外れている。
描写が足りないせいかどうかは不明だが、わざわざゲームの世界でもプレイヤーに激しい不快感を与えてしまう「プレイヤーにとっての嫌な女」という意味も含めてこう呼称されている。

【バハムートラグーンのヨヨ】と【ライブアライブ中世篇のアリシア】は鉄板化しているが、【魔界塔士Sa・Gaのミレイユ】については当時それほど知名度が無かったため、世代によっては後に登場する【FF8のリノア】が候補になるなど錯綜した。

おもな三大悪女

「【三大悪女】といっても必ず3人いるわけではない」。上記のように有名なキャラ2~4人を名指しする場合であったり、旧スクウェアには悪女キャラが多いというあるあるネタだったりするので、「【スクウェア三大悪女】という単なる称号である」と思っておこう。
それと…これらのキャラの大半を生み出してしまった時田貴司たちスタッフも、相当女性のことで苦労しているようなので……やさしくねぎらってあげよう。

主に三大悪女として挙げられているのは以下の通り…何度も言うが、『【三大悪女】といっても3人いるわけではない』のだ。

  1. ヨヨバハムートラグーン
  2. アリシアライブアライブ
  3. ミレイユ魔界塔士Sa・Ga
  4. リノア・ハーティリーファイナルファンタジー8

バハムートラグーンのヨヨ王女

ヨヨさま


【スクウェア三大悪女】というネタの代表格であり、この言葉はまさに彼女のために生まれたといっても過言ではない。簡単に言えば彼女の浮気から始まる裏切りの連鎖である。詳しくはヨヨの項目を参照。彼女に限っては悪女マジ悪女」というタグもよく見かける。
パルパレオスは犠牲になったのだ…。
パルパレオス「………」

ライブアライブ中世篇のアリシア

純真なる想い


主人公オルステッドが闘技大会で優勝し、心を射止めたお姫様である。
オルステッドとアリシアは親密になっていくのだが、このことを快く思わなかったオスルテッドのライバル"ストレイボウ"にさらわれてしまう。主人公は王の命令で仲間達と共にアリシアの救出に向かうのだが、道中様々な不幸、国からの裏切りにより仲間たちは命を落としてしまう。1人になってしまったオルステッドは、ようやくストレイボウを倒すのだが、そこで待っていたのはストレイボウに深く心酔してしまったアリシアであった。
彼女は助けにきた勇者オルステッドに労いの言葉を掛けるどころか、オルステッドを殺した彼を激しく罵る。挙げ句に説得も聞かずにストレイボウの後を追って自害した。愛する人に裏切られ、任務失敗で国へも帰れば処刑が待っている、仲間も皆失った。このコンボにオルステッドは完全に壊れてしまい、悪の道へと落ちていく……

最終編では【心のダンジョン】という中世編で命を落としたキャラクター達が登場するダンジョンにて、最深部で自害した彼女の魂に会うことができる。ここでは今までに命を落としたキャラクターの反省の言葉、もしくはオルステッドやアキラに対する労いの言葉を聞ける。
ストレイボウはオルステッドの反乱を知り、「俺の…せい…なのか……」と話すため、
アリシアからも何か懺悔の言葉が聞けると思ったプレイヤーもいただろうが…
お願いです…止めてください…オルステッドを…」としか喋らなかった。

……あれ? なんだコイツ

自分の行いがオルステッドを魔王にさせた決定的な引き金になったことに気づいていない様子であることも、悪女認定に追い打ちをかけた。
(一方で、ストックホルム症候群であったのではないか、またゲームの容量的な問題から、単純にレコーディングした言葉・セリフ枠が足りなかったのではないかという意見もあるが、もともと政略結婚から逃げるためにわざわざ闘技大会を開いたという彼女の身勝手な設定も相まって、その説に説得力が無い。)

ちなみに、作者である時田貴司氏にも嫌われているキャラクター。

魔界塔士Sa・Gaのミレイユ

塔の10F・空中世界を牛耳っていた"白虎"に対抗するため、姉のジャンヌと共にレジスタンスを結成。ジャンヌと共に白のクリスタルの鍵を握る重要人物として白虎から狙われていた。
親衛隊に襲撃されたところを主人公達に助けられたジャンヌはミレイユの救出を依頼するが、ミレイユは

ミレイユ「わたしはつよいものがすきなだけ。レジスタンスなんてまっぴらよ!」
と、白虎にさらわれたフリをして実は寝返っていた。

びゃっこ「うらぎったな ミレイユー!」

白いクリスタル(偽)を発見し、白虎に用済みとして殺されそうになったミレイユをジャンヌがかばい死んでしまった。主人公達が白虎を倒して本当のクリスタルを手に入れるも、ミレイユは「はやくきえて!」と突き放した(この時は姉が死んだショックで動揺していたと見られる)。
だが、ミレイユの涙とジャンヌの血が触れたことで本物のクリスタルが現れたのだから、何とも皮肉な話である。もともと「強者にひれ伏す口だけ女」と、悪評が高かったキャラクターだった。
しかし、短い登場シーン、ありがちな『裏切り』、アシュラ討伐後の塔1階で反省している事から、悪女枠として入れるのは微妙とされている。

リノア・ハーティリー

「私のことが、好きにな~る、好きにな~る」「ハグハグ」「おハロー」などの言動で偏見をもたれているアホの子
しかし実際は主人公スコール・レオンハートのライバル、サイファー・アルマシーにちょっと気があったくらいで悪女というには程遠い。
さらに言えば最終的にはスコールと相思相愛(?)で両名とも普通に幸せそのものである。
また出展のFF8自体「若者の成長物語」という側面が大きく、序盤の能天気な言動や足手まといになる場面も、終盤に訪れる運命への布石という意味合いが強い。
もっとも『バカおんな』と名づけてプレイする「バカゲー専科」の単行本もあり、本気で嫌う人はいる模様。
実際、当時の人気投票では好きなキャラ2位(ちなみに1位はラグナ君)・嫌いなキャラ1位と好き嫌いがハッキリと分かれている。

留意すべき点として、リノアは過去、某サイトにおいて悪女として(なぜか)ミレイユと間違えて紹介されてしまったのである
結果的に知名度の高さと当時の風潮などが重なって濡れ衣を着せられてしまったというのがリノアの悪女認定の真実なのである。

関連タグ

スクウェア・エニックス みんなのトラウマ
ヨヨ=ビッチ
いともたやすく行われるえげつない行為

pixivに投稿された作品 pixivで「スクウェア三大悪女」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 129792

コメント