ピクシブ百科事典

アリシア(ライブアライブ)

ありしあ

スクウェアソフト(現:スクウェア・エニックス)のRPG『LIVE A LIVE』の登場人物。
目次[非表示]

概要

LIVE A LIVE』の中世編ヒロインであり、物語の舞台であるルクレチア王国の姫君。徹底した箱入りで育てられてきたため世間知らずで純真。またその美貌でも知られ、国中の注目を集めていた。良くも悪くもいわゆる典型的な「お姫様」であり、テンプレなファンタジーのヒロインとしての設定・性格を備えている。

オルステッドとの関係

ルクレチア王国では武闘大会が開かれており、優勝者にはアリシアに求婚する権利が与えられることになっていた。そして、武闘大会はオルステッドが優勝し、オルステッドに求婚されたアリシアはこれを快諾した。その夜、宴の後オルステッドと2人でテラスに出たアリシアはオルステッドに「誰よりもあなたを信じます。」と誓い、親密になっていく。

センシティブな作品



しかし、その直後、突如襲来した魔物によりアリシアはさらわれ、東の魔王山に連れ去られてしまうのであった。

そして···

結末

魔王山でストレイボウに先んじて救われたアリシアは一命を取り留めていた。そして、必死の思いでオルステッドが彼女を助けに魔王山に頂上に到着したとき、待ち構えていたのは魔王ではなくストレイボウだった。

全てはストレイボウの謀略で、死闘の末ストレイボウを倒し、悲嘆に暮れながらも愛するアリシアに近づこうとするオルステッド。

だが
「近寄らないでッ!」「あなたには負けるものの気持ちなんて分からないのよ!」

彼女はストレイボウを擁護し、オルステッドを拒みその後、短剣を自分の胸に突き立て、ストレイボウの後を追って自害した

オルステッドは信じていた仲間を失い、王殺しの汚名を着せられ、親友には拒絶され、愛する人に裏切られる…と完全に心の支柱を失い魔王オディオとなってしまった。

魔王などどこにもいはしなかった



そしてアリシアはオルステッドが魔王になる最後の引き金を引いた魔王誕生の鍵となる。

最終編にて

最終編にある心のダンジョンの最深部で自害した彼女の魂に会う事が出来るのだが、そこで彼女は「お願いです···止めてください…オルステッドを」※とプレイヤーに頼んでくる。ストレイボウは自らの行動がオルステッドを狂気に走らせてしまった事に「俺の…せい…なのか……」と後悔している節があるが、アリシアはオルステッドを追い詰め「魔王の引き金になった事に気づいていない」、または「他人事なのではないか」という意見もあり、これも悪女認定に追い打ちをかけた。

だが、このアリシアの請いは皮肉な事に魔王オディオからすれば「助けを請うばかりだっただろう?」と人間の身勝手さとして唾棄すべきものと看做されているのである・・・。

※この時のアリシアは泣きグラで、時田氏も開発ウラ話にて「ちょっと最後のメッセージで(アリシアの)フォローしたつもり」と明言しているため、アリシアにも一応自責の念はある模様。

彼女の評価

俗に言われているスクウェア三大悪女の一人に数えられるキャラとして知られているが、彼女自身に悪女としての性格や態度は無く皆無に等しいのだが、オルステッドの非業を体験したプレイヤーたちからの評価はすこぶる悪い。オルステッド(≒プレイヤー)からしてみれば、あらゆる苦難を乗り越えるも親友に裏切られ、その挙句が恋人の心変わりなのだからさもありなんというものである。

彼女の評価値を下げている最大の要因は、いうまでもなく180度と言っていいほど立場を変えて、完全にストレイボウの擁護に回ってオルステッドを責めた上に拒絶したこと。スタッフをして「怖い女」と言わしめている※。そのため、彼女に関しては多くのゲームファンが罵詈雑言を並べ、酷いと男を簡単に乗り換える女とさえするほど荒れる傾向にある。

※本作をプロデュースした時田貴司氏は、自らが嫌いな人間像をしたキャラクターを作ることがあるが、後年に時田氏はファンからの質問でアリシアは悪女ではなく「籠の中の鳥」を意識したと語っている。

しかし、この扱いには多くの懐疑派・アリシア姫擁護論も存在する。

  • 心変わり
    • 単純に「自分を助けてくれた」というだけでストレイボウに転がるというのもあっさりとし過ぎている部分がある。これについては彼女自身の純粋すぎる性格や、彼女が登場するまでの時間にストレイボウが彼女に色々と吹きこむことは可能なこと、ストレイボウがオルステッドへの憎悪から捏造とまでいかずとも事実をある程度曲解して伝えたことが可能なことが挙げられる。そもそもオルステッドとの出会いは、単に彼が武闘大会で優勝した為、王の提案で半ば強制的に結婚させられることになった、それだけである。
  • 描写不足
    • 魔王山のくだりからアリシア自身に関する描写は極端に少ないため、この間にアリシアがどうなっていたかについては確認のしようがない。また「オルステッドを止めてほしい」というセリフも批判の的にされる一端なのだが、あれほどオルステッドを憎悪していたストレイボウが心のダンジョンで悔恨に苛まれているのを見るに、アリシアも「自分のその場の勢いでの行動がオルステッドを狂わせた」と悔い、プレイヤーに「オルステッドの救済」という意味で「止めてほしい」というならば、それは至極当然の話である。

やらかしたことの大きさを考えれば、彼女の罪を拭い去ることは極めて困難である。罵られ、悪女扱いされてしかるべき部分もあろう。だが劇中での描写不足も考えれば、誹謗中傷の的という扱いはあまり正当ではないものと考えられる。言うならば世間知らずの一面が引き起こした惨事だったという事である。

描写不足に関しては唯一「心のダンジョン」に行く手段を持つアキラの視点から考えると、ワケのわからないままルクレチアに呼び出され、偶然たどり着いたこの場所でもこの世界で起きた事の断片的な情報しか得られていない状態にあるといえる。もしも、中世編の魔王誕生の経緯の全てを知った場合の7人は果たしてダンジョンの人々にどのような印象を抱くのだろうか?7つのシナリオをクリアした前提として中世編での一部始終を知らずに最終編をプレイした…とすれば7人が置かれた状況がよりわかりやすいかもしれない。

心のダンジョンの後半部でストレイボウを始めとした魔王山に行き(又は魔王山に居て)その後、死んだ者達がおりその者達の軌跡を辿るのだが 「ストレイボウ(頂上で一騎打ち)→ウラヌス(地下牢で死亡)→ハッシュ(魔王戦後に力尽きる)」 と中世編の結末から遡って死んだ順番で登場しているのだが、ところがその順番でいくと最奥部にアリシアがおり、何故そこにいるのかの疑問が残る。アリシアはストレイボウ死亡後に自害している為、彼らより先にいるはずだが時系列で考えると魔王山に連れ去られた後に死んだ事になってしまう。となると頂上に現れたアリシアは本当に彼女本人だったのだろうか?ただ、前半部にいる者達の関係上、時系列だと少々無理のある考察となってしまうのだが。

散々プレイヤーの憎悪を掻き立ててきたアリシアであるが、悪女にしか見えない彼女に対してオルステッドになり代わって復讐する手段は一つも存在しない。

唯一できるのは心のダンジョンの彼女の願いを無視してそこで止めるくらいである。

考察

神視点のプレイヤーと違い、魔物に囚われていたアリシアの知り得た情報は当然少ない。

オルステッドは待てど暮らせど来ず、ストレイボウだけが到着。その後、ストレイボウがオルステッドを恨みつつも、自分を助けに来たことを知らされる。その負い目のある状態で命の恩人であるストレイボウを殺したのが、オルステッドである。彼女の心中を思えば「同情や心変わりというより、ストレイボウに対する贖罪の気持ちと考えるべき」と言う声もある。

加えて、『ストックホルム症候群(誘拐・監禁された被害者が、生き残るために犯人と心理的なつながりを持とうとしてしまう心理的現象の事)患っていたのでは』『ストレイボウやアリシアは魔王像に操られたのでは』と言う説も存在する。

アリシアのキャラが賛否分かれるのは中世編シナリオそのものに行きつく。
そもそも中世編は『王道的なヒロイックRPGのアンチテーゼとして作られた作品』であり、アリシアの初期設定は、一個の人格を持つ女性と言うよりは、RPGにおいて『攫われて主人公の助けを待ち、助けられたら惚れる』と言う典型的なヒロインである。これは彼女に限った話ではなく『大して姫とつながりがないのに命がけで救い出しにいこうとする勇者』オルステッド、『友と言うだけでオルステッドの危険な旅に付き合う相棒』ストレイボウも同様で意図的にキャラが薄い。

そして、そのテンプレートな役割を果たす筈のキャラ達が『友でありながら裏切って立ちはだかる』『姫でありながら勇者を拒絶する』と言うように次々とその役割を放棄し、最後には主人公すら『勇者でありながら魔王となってしまう』というのが中世編のシナリオの骨子で、その衝撃的なキャラから逆算して作られたのがアリシアであると言える訳で、逆に言えば『プレイヤーに衝撃を与えるためだけの存在』である。

それ以外の設定は、意図的に明かされていないと考えられるので、叩こうにも、擁護しようにも、描写が足りなすぎて根拠に欠けるのである。だからこそ、プレイヤーが想像を介入させる余地が大きく、今日まで毀誉褒貶の激しい議論の種となって来たとも言えるが。こうして考えると、悪女として過剰に憎まれるのも、『主人公のモノとなる筈だったヒロインが、それに逆らったから』と言う理由が大きいと言えるだろう。

セントアリシア

ピュアオディオ戦で彼が繰り出す攻撃であり、金色の女性が現れ絶叫と共に骸骨の姿に変貌して石化+ダメージを与える。アリシアとの関係は不明である。

サントラでの「PURE ODIO」で楽曲のフェードアウトにセントアリシアのSEが重なり絶叫で終わる。この絶叫は果たして何に対する叫びなのであろうか・・・?

FF4イージータイプ版のゼロムス(通称・ゼロムス:EG)が使ってくる石化攻撃『抱擁』が元ネタではないかと推測される。

余談

魔王山で偽魔王を倒した後、オルステッドが夢を見るのだが、その内容は『魔王がアリシアを襲う』というものなのだがこの時、アリシアは「来ないで!」と言っている。

同じスクウェア・エニックスのブレイブリーセカンドの終盤において、魔王山でのアリシアのくだりと非常によく似た展開があるが、こちらではまだ救いがある。

時田氏は「アリシアみたいな女の子女の子してて私かわいいでしょみたいな奴ほど残酷なことするもんです」とも語っており、その辺りを指して作曲者である下村氏は「時田氏の女性観みたいなのが反映されてる」と言う発言を残している。

彼女最大の謎
ところで彼女にある謎なのが魔王は何を目的にアリシアを二度も付け狙ったのかである。一回目は物語以前にアリシアの母が彼女を身篭っていた時に母親はさらわれており、二度目は物語序盤である。ここまで執拗に付け狙われるあたり、アリシア自体に何か理由があるのだろうか?

アリシアに何か特殊な力があるとかの話は全くもって出てこない。あるのは魔王は邪悪な心と邪悪な力を持ち邪悪な姿となって全てを憎む者である事。全てと言う事はアリシアも対象であり、アリシアを相当憎んでいた事にもなる。

何故、アリシアは誕生前に魔王から憎まれるのか?その魔王が憎んだきっかけはいつどこでだったのか?そもそも、付け狙った魔王の正体は一体何なのか…?

関連イラスト

LIVE A LIVE 22 周年
アリシア



関連タグ

ライブアライブ 中世編 王女 お姫様
オルステッド ストレイボウ オルアリ イーブイ


ストックホルム症候群 ビッチ さげまん スクウェア三大悪女

関連記事

親記事

中世編 ちゅうせいへん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アリシア(ライブアライブ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 111130

コメント