ピクシブ百科事典

アリシア(ライブアライブ)

ありしあ

スクウェアソフト(現:スクウェア・エニックス)のRPG『LIVE A LIVE』の登場人物。
目次[非表示]

概要

LIVE A LIVE』の中世編ヒロインであり、物語の舞台であるルクレチア王国の姫君。
徹底した箱入りで育てられてきたため世間知らずで純真。またその美貌でも知られ、国中の注目を集めていた。良くも悪くもいわゆる典型的な「お姫様」であり、テンプレなファンタジーのヒロインとしての設定・性格を備えている。

物語との関わり

ルクレチア王国では武闘大会が開かれており、優勝者にはアリシアに求婚する権利が与えられることになっていた。そして、武闘大会はオルステッドが優勝し、オルステッドに求婚されたアリシアはこれを快諾した。その夜、宴の後オルステッドと2人でテラスに出たアリシアはオルステッドに「誰よりもあなたを信じます。」と誓う。しかし、その直後、突如襲来した魔物によりアリシアはさらわれ、東の魔王山に連れ去られてしまうのであった。

そして···

魔王誕生の鍵

魔王山でストレイボウに先んじて救われたアリシアは一命を取り留める。そして、必死の思いでオルステッドが彼女を助けに魔王山に頂上に到着したとき、待ち構えていたのは魔王ではなくストレイボウだった。すべてはストレイボウの謀略であった。
ストレイボウを斃し、悲嘆に暮れながらも愛するアリシアに近づこうとするオルステッド。

だが
「近寄らないでッ!」
「あなたには負けるものの気持ちなんて分からないのよ!」

アリシアはストレイボウを擁護し、オルステッドを拒んだ
その後、彼女は短剣を自分の胸に突き立て、ストレイボウの後を追って自害

心の支柱を失ったオルステッドは···

最終編にて

心のダンジョンに登場。亡霊となって、「お願いです···止めてください…オルステッドを」とプレイヤーに頼んでくる。ストレイボウは自らの行動がオルステッドを狂気に走らせてしまった事に後悔している節があるが、アリシアはオルステッドを追い詰めたことに対して他人事なのではないかという意見もある。

ファンからの評価

俗にスクウェア三大悪女の一人に数えられるキャラとして知られる。彼女自身に悪女的な性格は皆無なのだが、オルステッドの非業を体験したプレイヤーたちからの評価はすこぶる悪い。オルステッド(≒プレイヤー)からしてみれば、あらゆる苦難を乗り越えるも親友に裏切られ、その挙句が恋人の心変わりではさもありなんというものである。
彼女の評価値を下げている最大の要因は、いうまでもなく180度と言っていいほど立場を変えて、完全にストレイボウの擁護に回ってオルステッドを責めた上に拒絶したこと。スタッフをして「怖い女」と言わしめている(※)。そのため、彼女に関しては多くのゲームファンが罵詈雑言を並べ、酷いと「男を簡単に乗り換えるビッチとさえするほど荒れる傾向にある。

(※···本作をプロデュースした時田貴司氏は、自らが嫌いな人間像をしたキャラクターを作ることが他にもある。例えば『半熟英雄』のカトリイネなど)

···が、この扱いには多くの懐疑派・アリシア姫擁護論も存在する。その理由の一つに、単純に「自分を助けてくれた」というだけでストレイボウに転がるというのもあっさりとし過ぎている部分がある。これについては彼女自身の純粋すぎる性格や、彼女が登場するまでの時間にストレイボウが彼女に色々と吹きこむことは可能なこと、ストレイボウがオルステッドへの憎悪から捏造とまでいかずとも事実をある程度曲解して伝えたことが可能なことが挙げられる。そもそもオルステッドとの出会いは、単に彼が武闘大会で優勝した為、王の提案で半ば強制的に結婚させられることになった、それだけである。
しかも、魔王山のくだりからアリシア自身に関する描写は極端に少ないため、この間にアリシアがどうなっていたかについては確認のしようがない。また「オルステッドを止めてほしい」というセリフも批判の的にされる一端なのだが、あれほどオルステッドを憎悪していたストレイボウが心のダンジョンで悔恨に苛まれているのを見るに、アリシアも「自分のその場の勢いでの行動がオルステッドを狂わせた」と悔い、プレイヤーに「オルステッドの救済」という意味で「止めてほしい」というならば、それは至極当然の話である。
やらかしたことの大きさを考えれば、彼女の罪を拭い去ることは極めて困難である。罵られ、悪女扱いされてしかるべき部分もあろう。だが劇中での描写不足も考えれば、誹謗中傷の的という扱いはあまり正当ではないものと考えられる。

描写不足に関しては唯一「心のダンジョン」に行く手段を持つアキラの視点から考えると、ワケのわからないままルクレチアに呼び出され、偶然たどり着いたこの場所でもこの世界で起きた事の断片的な情報しか得られていない状態にあるといえる。もしも、中世編の魔王誕生の経緯の全てを知った場合の7人は果たしてダンジョンの人々にどのような印象を抱くのだろうか・・・?

心のダンジョンの後半部でストレイボウを始めとした魔王山に赴き(そこにいた)、その後死んだ者達がいるわけだが、その者達を辿るうちにストレイボウ(頂上で一騎打ち)→ウラヌス(地下牢で死亡)→ハッシュ(魔王戦後に力尽きる)と中世編の結末から遡って死んだ順番で登場している事に気付くだろう。ところがその順番でいくと最奥部にアリシアがおり、何故そこにいるのかの疑問が残る。アリシアはストレイボウ死亡後に自害している為、彼らより先にいるはずだが時系列で考えると魔王山に連れ去られた後に死んだ事になってしまう。となると頂上に現れたアリシアは本当に彼女本人だったのだろうか?ただ、前半部にいる者達の関係上、時系列だと少々無理のある考察となってしまうが・・・。


セントアリシア

ピュアオディオ戦で彼が繰り出す攻撃であり、金色の女性が現れ絶叫と共に骸骨の姿に変貌して石化+ダメージを与える。アリシアとの関係は不明である。
サントラでの「PURE ODIO」で楽曲のフェードアウトにセントアリシアのSEが重なり絶叫で終わる。この絶叫は果たして何に対する叫びなのであろうか・・・?

FF4イージータイプ版のゼロムス(通称・ゼロムス:EG)が使ってくる石化攻撃『抱擁』が元ネタではないかと推測される。

関連タグ

ライブアライブ 中世編
王女 お姫様
オルステッド ストレイボウ
ストックホルム症候群

pixivに投稿された作品 pixivで「アリシア(ライブアライブ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70021

コメント