ピクシブ百科事典

ターラ星人

たーらせいじん

ターラ星人とは、『ウルトラマンマックス』に登場する宇宙人の名称である。
目次[非表示]

「ターラ星は食糧不足に瀕しており、かつて我々は食料を求めて豊かな地球にやってきた」
「地球人はそんな私たちに食料を渡してくれたが、我々は地球人が誤った方向に進みつつあると知った」
「我々は強い力でもって正しい道に進めようとしたが、あの時もM78星雲からの邪魔者が…」

データ

別名身長体重出身地
空間移動宇宙人1.8m 92kgターラ星アレクサンダー大塚


概要

ウルトラマンマックス』第19話「扉より来たる者」に登場。

母星が深刻な食糧不足に陥っていた為、食料を求めて転送ゲートを用いて食糧が豊かな太古の地球へと訪れた経験を持つ宇宙人

光線銃にもなるサーベルで武装しており、これと格闘術を組み合わせて戦闘を行う。

当初は古代地球人たちと交流して食糧を得るなど共存共栄していたが、やがて地球人たちが武器を作り出して互いに争うようになっていく様を垣間見た事で、彼らを“自分たちが力ずくで従わせて良き方向へと導かなければ滅んでしまう戦いを好む野蛮な種族”と(上から目線で)一方的に判断し、自便たちが地球の支配者となって戦争を諌めようという要らぬお節介から地球を侵略しようと目論むも、当時地球に訪れていた恒点観測員であるM78星雲からやって来ていた宇宙人=ウルトラマンマックスの妨害にあい失敗する。
ゲートも封印されてしまい、それが原因で(完全にはそうでも無いようだが)滅びの道をたどる羽目となったことを逆恨みし、復讐の機会を窺っていた。

そして封印されていた転送ゲートが再び開かれた事で、かつて地球を訪れ、自分達の行為を阻止したM78星雲人=ウルトラマンマックスが再び地球へと訪れた事を知り、転送ゲートを通じて再び地球へと赴くとDASHのミズキ隊員を捕えて人質として拉致し、ターラ星へとマックスと一体化しているカイトやDASH隊員たちを誘き寄せ、復讐を成し遂げようと暗躍する。

しかし、切り札にして守護神でもある戦神ギルファスはマックスの前に敗れ去り、ギルファスを失うも、なおも執念深く転送空間内において全員で地球へと帰還しようとしるDASH隊員全員を追いかけて襲いかかろうとするが、コバ隊員の二丁拳銃の狙撃を受け復讐を果たすことなく戦死を遂げた。

余談

ターラ星人の回想シーンの一部には『ウルトラマンティガ外伝古代に蘇る巨人』からの流用シーンが含まれている。

この回に登場したオザキタケル役には『ウルトラセブン』の主人公・モロボシダン役の森次晃嗣がゲスト出演している。ちなみにオザキがメガネを取り出すシーンはセブンの変身シーンのパロディである。

関連項目

ウルトラマンマックス 宇宙人 ギルファス 
ギャラクトロン

pixivに投稿された作品 pixivで「ターラ星人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 412

コメント