ピクシブ百科事典

ナナ(恋ヶ崎)

なな

ナナとは『ようこそ!恋ヶ崎女学園へ』に登場する0番目のメインヒロインのことである。
目次[非表示]

プロフィール

所属恋ヶ崎超女学園の男子専属の人造女子
カード属性クール

概要

メイド護衛として本編の主人公に仕えている人造女子で、正式な名前は『HU-M-T-777(ヒューマノイドユーティリティメイドエディション・TジェネレーションNo.777)』。
『ナナ』は主人公が長くて覚えにくいからという事で主人公がつけた名前である。
耳の部分がメカになっていることを除けば見た目は普通の少女との違いはない。
本来、人造女子は無感情忠臣的なのが普通』とされているのだが、
ナナの場合はそれに反する『人造女子には相応しくない人間らしさや感情(本人曰く「おちゃめ」)を持っている』という事で、エラーのある欠陥品として廃棄処分されることになっていたのだが、自分の生みの親である工場長達と話し合って『自分を何の問題のない人造女子と偽って最低レベルの男子に仕える』という一か八か賭けを実行して、その最低レベルの男子である主人公が恋ヶ崎超女学園に編入することが決まったため、賭けには成功して、廃棄処分を免れている。(本来なら男子は自分に仕える人造女子を好きに選ぶことができるのだが、主人公は落ちこぼれだったためその権利はなかった)
そのため主人公を含む恋ヶ崎超女学園に所属する全ての人物に、自分が欠陥のある人造女子であることを秘密にしている。
また、人造女子の中には男子のストレスの捌け口にされるケースもあるのだが、主人公はナナに対してそういったことは一切せず、むしろナナを人間と同じように……そして一人の女子として扱っているため、ナナは主人公に対しては人造女子に組み込まれたプログラムとは関係なしに絶対の忠誠を誓っている。そして自分が仕える主である主人公のことを『ご主人様』と呼び、ヒロイン達を『様付け』で呼び、ですます口調の敬語で話す等、礼儀正しいのだが、主人公に対しては丁寧な口調のまま毒舌を吐くこともある(と言っても本気で馬鹿にしているのではなく、たしなめている感じだが)。
欠陥品と言ってもあくまで性格面のみであり、能力自体は人造女子の中でもトップクラスらしく、鳳凰院姉妹のようなあらゆる分野で優れた優等生な女子ですら太刀打ちできない程にあらゆる能力が極めて優れている。メイドとしてあらゆる家事を完璧にこなすのは当然として、早着替え技でシュババババと(言いながら)僅か数秒で主人公を私服姿から礼服姿へと着替えさせたり、山で出くわした野生の大きなクマパンチ一発で撃退したり、人間ではないからと自力で空を飛んだりと、色々と反則そのものな能力の持ち主である。その為、ナナをはじめとする人造女子は公式非公式に関係なく、自分から大会ゲームの類に参加することはなくその権利もないのだが、これは人造女子がそれらに参加する事は『例えるならマラソン大会に有名な青色のハリネズミ黄色い超生物が参加するのと同じと言ってもいい位に人造女子と人間では実力差がありすぎて勝負として成り立たなくなるから』というのが主な理由である。(そして前述の「ストレスの捌け口」扱いからして人権そのものが無いという可能性も考えられる)。

余談

人造女子であるナナは、厳密には主人公の恋の成就の相手ではく、当然恋人関係でもないのだが、主人公の筆おろしの相手であり、初登場カードも桜子たちメインヒロインと同じくSPカードであり、そのSPカードも桜子たちの初登場カードであるSPカードと並べて紹介されているため、ナナは0番目のメインヒロインと言っても過言ではないだろう。
イベント等で恋ヶ崎の制服を着用する際は、主人公の同級生となる2年生仕様(スカート等が赤いものを着用している。

ちなみに、ナナをはじめとする人造女子はいわゆる人工生命体であり、製造の際には細胞など生物的な物が使用されているため、厳密には100%完全な機械というわけではない。

関連タグ

メイド チートキャラ 敬語 メインヒロイン 人造人間

関連記事

親記事

ようこそ!恋ヶ崎女学園へ ようこそこいがさきじょがくえんへ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ナナ(恋ヶ崎)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 336

コメント