ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

言わずと知れた入浴剤老舗粉末タイプ入浴剤ブランドにおける最新年間売上金額世界No.1としてギネス世界記録に認定されたこともある。
なので、入浴剤全般を「バスクリン」と呼んでいるユーザーも少なくない(ゲーム機でいうところのこれに似ている)。
厚紙のボトルに入っていて、中身は粉状で、蓋が計量カップ代わりになっている。
昔は缶入りで発売されていて、姫カットお姫様シンボルマークが書かれていた。

現在はツムラではなく、アース製薬の子会社の「株式会社バスクリン」から発売されている。
詳しくは外部リンク参照のこと。
平成初期は、はだかの王様が歌を歌いながら行進する臭いCMをやっていたのだが、
2000年代以降は、徐々に女性向け寄りのデザインになっている。

家族がメインターゲットの為、肌に優しく、優しめの香り付けがなされている。
定番のゆずジャスミンラベンダーの香り、サンシャインガーデンシリーズ、ブリーズグリーンシリーズ、フレグランススタイルシリーズ、夏用の「バスクリンクール」(旧・クールバスクリン)シリーズ、ポカポカ温まる「薬湯」シリーズ、肌が敏感な人向けの「ピュアスキン」シリーズ、アダルティな「大人のバスクリン」シリーズ、香りはじける「アロマスパークリング」シリーズ、旅館のお風呂気分を味わえる「くつろぎの宿」シリーズ、子供向けの「ハピバス」シリーズ(廃番)、夜くつろぐ為の「ナイトフィーリング」シリーズ(廃番)、期間限定の果物地域をイメージした香りなど、とにかく種類が多い。

「バスクリンクール」がスースーし足りないと思う人は、ハッカ油メントールクリスタルを少量入れるといいかもしれない。
香り、湯質が豊富で、お風呂に浸かりながら妄想にふけりたい人にお勧め。湯船に使えないなら足湯に使ってもいい。

たまに、アニメ(ドラえもんちびまる子ちゃんONEPIECEゆるキャラサンリオなど)ともコラボを行っている。

余談

開発者が「香りが偽物っぽくても売れないし、リアル過ぎても売れない」と語っていたことがあった(「フィクションと一緒じゃん」と笑ったオタクは多かったに違いない)。

2016年頃の脅威的な新作ラッシュは、90年代のス○ウェアゲームの開発スピードを彷彿とさせ、ユーザーを爆笑の渦に誘った。
ボトルには中二病好みのオサレポエムが書かれており、オタクが見ても笑える商品になっていた。

関連タグ

入浴剤 日本の名湯 きき湯
日用品  香り
羽海野チカリトルツインスターズキキララ)コラボのパッケージイラストを担当したことがある。

外部リンク

関連記事

親記事

入浴剤 にゅうよくざい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「バスクリン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5337

コメント