ピクシブ百科事典

フィルムシャドー

ふぃるむしゃどー

フィルムシャドーとは、『烈車戦隊トッキュウジャー』に登場する怪人。
目次[非表示]

「彼らは映画のプロです、お陰さまでいい画が撮れました」
「カットしてやる!オラァ!カット!」

CV:石川英郎

プロフィール

登場回:第38駅「映画つくろう」      
主:ノア夫人
闇形式:ノハ2166-38
闇装備:ヒット系フィルム、カット系ソード
闇駅名:なし
心の闇:世界中で「闇の映画」を放映し、大量の闇を集める
シャドー怪人蘊蓄:自身のソードは人の命をカットするためのもの

概要

人間の悪夢をフィルムに定着させる能力を持つ映画シャドー怪人。映画スタッフを拉致し、撮影の苦労から生まれた悪夢で作った闇の映画を全国ロードショーし、世界中を闇で包もうとする。(闇の皇帝ゼットからは「また回りくどい作戦」と苦言を呈された)
ヒット系フィルムで相手を拘束する「フィルムノワール」の他、ヒット系フィルムを発火させる「燃え上がるひと夏のアバンチュール」、”驚天動地のディザスター”が連続する「歴史を揺るがす大スペクタクル」、両肩のキャメラから弾丸を連射する「空前絶後のガンアクション」、暗闇の中で悍ましいホラーが巻き起こる「決して一人では見ないでください」など、人気映画館の上映スケジュール並の多彩な攻撃技を有している。

撮影所にて逃げる分倍河原プロデューサーを追いかける際、見学のため偶然その場にいたトッキュウジャーの妨害を受けるも、大量の戦闘機の空爆・恐竜UFOのビーム攻撃による「歴史を揺るがす大スペクタクル」を筆頭にした攻撃で逆に追い詰める。しかし1号がハイパーレッシャによる攻撃を試みると、必殺技をいきなり出す事への萎えから攻撃を中断し「それはクライマックスにとっておけ」と説教しつつ退却。

作戦は進行しており、「スタッフ達を撮影所の一室に閉じ込め、フィルムで座席に拘束して延々と悪夢を見せ続ける」という拷問まがいの所業を行って映画製作に勤しんでいたが、それもヒカリ(及び彼から聞き込みを受けた守衛)の推理によりそれを暴かれてしまう。
その場に駆け付けたトッキュウジャーに己の能力と作戦を得意気に暴露、戦闘ではフィルム攻撃や「大スペクタクル」で猛攻を仕掛ける。映画を侮辱された怒りに燃える5号との戦いを監督らしくガンアクションや殺陣に見立て夢中で戦うものの、夢中になる余り他のメンバーに気づかず、フィルムで拘束されたままの6号を除く4人に映画「闇っとモンスターZ THE MOVIE」のフィルム(フィルムシャドー曰く、「儚くも切ないストーリー」)を破壊されてしまう。

その際クライマックスを覚悟、ハイパーレッシャが来ると身構えるも、それを裏切る1号はレインボーラッシュ「守衛さん」を使用。一般人にも関わらずやけに戦いに慣れた守衛さんの連撃を受け、とどめのアッパーで敗北。(その際「守衛・・・強ええ~!!」と叫んでいる。)

直後に闇暴走を起こして巨大化。トッキュウレインボーにフィルム状の闇を被せ、暗闇やオバケといった恐怖が襲い来るホラー映画「ほんとうにあったトッキュウジャー」で苦しめるも、4号から「あんまり怖くない」と一蹴され無力化、トッキュウレインボーファイナルスラッシュの前に散った。(その際「これが…!私のエンドマーク~! Fin(フィン)!」と遺した。)

余談

「やけに戦いに慣れた」のもそのはず、守衛役を演じたのはスーパー戦隊シリーズ多くのヒーロースーツアクターを担当した喜多川2tom氏である。

また、映画の終幕の「Fin」は本来「ファン」と読むので注意。(ラテン語の「La Fin」/「ラ ファン」が由来。)

関連タグ

烈車戦隊トッキュウジャー シャドー怪人 シャドーライン

関連記事

親記事

シャドー怪人 しゃどーかいじん

兄弟記事

コメント