ピクシブ百科事典

ボセキシャドー

ぼせきしゃどー

「ボセキシャドー」とは、『烈車戦隊トッキュウジャー』に登場する怪人である。
目次[非表示]

「闇を吸いま~す~!そしてシェイクシェイクシェイク!シェイクシェイクシェイク!ふふふ・・・チーン!オープーン!」

CV:龍田直樹

プロフィール


登場回:第39駅「終わりの始まり」      

主:ノア夫人

闇形式:ノハ9012-39

闇装備:墓石系ドア

闇駅名:なし

心の闇:なし

シャドー怪人蘊蓄:自身の頭はなかなかの石頭



概要


闇を原料に死せるシャドー怪人を復活させる墓石系シャドー怪人で、キャッスルターミナル内の闇を直接吸収して体内でシェイク、胸部の扉から召喚する。これは偽物であるため、戦力はオリジナルに及ばない。

「戦力にならぬばかりか闇を浪費するだけの役立たず」としてターミナルの地下牢に閉じ込められていたが、主であるノアから解放される。実は「ヤミベリ」の時期に闇を減らして闇の皇帝ゼットを弱体化させ、謀反の準備を整えるのが彼女の本当の狙いだった。

かなり能天気な性格で、長年投獄されたにもかかわらずそれを怨む描写は全く見られず、考えなしに好き勝手シャドー怪人を復活させ、混乱や戦いを見て楽しんでいた。

ノアの手によって解放され、ビルの屋上にてバッグシャドーを復活させ、そこから遠距離にある町工場で暴れさせる。トッキュウジャーとの戦いを安全圏で見物しながら、次いでリングシャドーバケツシャドーを復活させるも3体まとめて撃破され、「いい汗をかいた小休止」と称してボディを洗いながら休憩。

活動を再開しようとするが、闇を止めに現れたモルク侯爵の制裁を受け、彼女とともにビルから転落。運悪くトッキュウジャーと遭遇してしまい、落ちた衝撃でバクダンシャドーを復活させてしまう。バクダンシャドーは2号の攻撃であっさり撃破され、今度は10体ほど復活させると宣言するも、トッキュウジャーの猛攻の前に未然に防がれる。最後は1号のハイパー5連結クラッシュの前に、「やられるなら歳の順」と言いだしてあろうことか侯爵を盾にせんとするが、直撃寸前で入れ替わって自分が散る。

直後に闇暴走を起こして巨大化。トッキュウオーディーゼルオーに対し、ジャックインザボックスシャドーピンスポシャドーフェンスシャドーの3体を召喚。しかし3体とも撃破され、再び召喚を試みるも、4号の操縦するポリスレッシャーの銃撃に怯んで失敗。

最期はそれを烈車武装した超トッキュウオーポリスが放つ超トッキュウオーポリスキャノンを受け爆散した。

(その際「超!やられたかもーー!!」と叫んでいた。)



しかし、ゼットを弱体化させることには成功しており・・・。

関連タグ   

烈車戦隊トッキュウジャー シャドー怪人 シャドーライン

関連記事

親記事

シャドー怪人 しゃどーかいじん

兄弟記事

コメント