ピクシブ百科事典

ピンスポシャドー

ぴんすぽしゃどー

ピンスポシャドーとは、『烈車戦隊トッキュウジャー』に登場するシャドー怪人である。
目次[非表示]

「陛下!いかがで!?キラキラしておりませんか?」

CV:二又一成

プロフィール

登場回:第25駅「おとぎ話が飛び出して」
主:闇の皇帝ゼット
闇形式:ゼハ134-25
闇装備:ピンスポット系フラッシュ、6連系フラッシュ
闇駅名:おとぎ
心の闇:絵本の主人公を実体化させてキラキラを集める→彼ら=物語を消去して闇を集める
シャドー怪人蘊蓄:子供の絵本を狙い易いように、頭が低い位置にある

概要

頭部のピンスポット系フラッシュから「ピン・スポット!」と叫びながら光線を放つことで物語の登場キャラクターや人間の心の中のヒーロー像などを実体化させる能力を有する、ゼット配下の舞台照明系シャドー怪人。ただしキャラクターが純粋であるほど闇の悪影響でダメダメな性格と化してしまうのが欠点。6連系フラッシュを「全力照射!」することで高熱を圧縮したビームを放つことができるなど、戦闘力も低くないが、本人は「裏方」を自称する卑屈な性格。

ゼットの求めるキラキラを集めるべく、自身の能力でシンデレラ桃太郎赤ずきんちゃん、さらにトッキュウジャーの眼前ではだかの王様を具現化させるも、全員絵本の姿と似つかぬ怠惰な姿となってしまった。その醜態を見たゼットから「もう要らねェな」と見限られ、闇の波動を受けてしまう。その後はネロ男爵が上記の作戦を考案し、それに従事。
しかしトッキュウ6号と戦ううちに、トッキュウジャーの手引きで昔話の主人公たちに逃げられてしまう。

その後、トカッチ・彼から実体化したリョーナイト・赤ずきんちゃんとシンデレラに変装したミオカグラを襲撃。3号・5号・6号を相手に立ち回るも、駆け付けた1号・2号・4号の連携攻撃の前にネロが退却してしまう。
1人になったピンスポシャドーは最早トッキュウジャーの敵ではなく、レインボーラッシュ・おとぎ話大集合」を喰らい敗北。

その直後に闇暴走を起こして巨大化。トッキュウオービルドダイオーを全力照射で攻撃するも、ビルドダイオータンクの連続パンチに怯み、最後はトッキュウオービルドのトッキュウオーバケットクラッシュの前に爆散した。(その際に「やはり、裏方でいるべきだったぁ~…」と嘆いていた。)

余談

ゼットの真の目的は「グリッタを取り込んだことでどれだけキラキラを操れるようになったか試す」というものであった。

また、仮にも皇帝配下の怪人でありながら、能力・戦闘の双方において殆ど活躍できていなかった、不遇の怪人である。

関連タグ

烈車戦隊トッキュウジャー シャドー怪人 シャドーライン

ウンガロ:ジョジョの奇妙な冒険第6部に登場する、創作物のキャラクターを具現化させる能力を持つ敵。ただし、能力の凶悪さはピンスポシャドーのはるか上を往くものである。

関連記事

親記事

シャドー怪人 しゃどーかいじん

兄弟記事

コメント