ピクシブ百科事典

マキーナ

まきーな

特撮番組『ウルトラマンティガ』に登場する怪獣。パートナーのサキについてもこの記事で解説する。
目次[非表示]

サキ「マキーナはあたしを迎えに来てくれただけなの!ずっとここにいること知らせられなくて……。あたし、ずっと、ずっと待っていたの、長い間!」

概要

別名:守護怪獣
身長:55m
体重:5万7千t
出身地:宇宙


第9話「怪獣を待つ少女」に登場。

宇宙人の少女・サキを迎えに来た怪獣。
200年前にサキが紛失したカプセルが発掘され、サキの吹く笛の音で起動すると、カプセルから放たれた光に誘導されて東京湾岸に飛来した。

名前の由来は「デウス・エクス・マキナ」から。

サキの命令に忠実に動き、背部にある頑丈な装甲はTPCGUTSの攻撃に耐える頑丈さと、光線を反射する性質を持つ。この装甲で全身を包み込むことによって卵型の「防御形態」に変形し、空を飛んだり夜間に体を休める。その代わり、前面の防御力はそれほどでもない。
物覚えも良く、TPCが設置した赤外線式自動地雷(地雷という名前だがトーチカに近い)の攻撃パターンを、一度攻撃されただけで全て見破ってみせた。

本来は悪意のない怪獣なのだが、サキを探しているうちに周囲に被害を出したことで攻撃にさらされてしまい、地雷からサキを守ろうとしたウルトラマンティガも敵と誤解して襲い掛かる。

装甲でティガの攻撃を跳ね返し劣勢に追い込むが、デラシウム光流を受けそうになったところでサキの呼びかけによって大人しくなり、サキを乗せて宇宙へ帰った。

サキ

宇宙人少女  サキ


別名:宇宙人少女宇宙少女
身長:人間大
体重:人間大
出身地:宇宙
演者:伊藤智乃

少年ダイゴ「お姉ちゃんは?」
サキ「私は……待ってるの、お迎えを。でも……もう来てくれないかもしれない……」

マキーナを連れてきた宇宙人の少女。
今から200年前に地球に来たが、そこでマキーナを地球に誘導するためのカプセルを失くしてしまい、宇宙に帰れずそのまま地球に残っていた。

容姿は200年前から一切変わっておらず、少年時代のマドカ・ダイゴとも面識があった。体温は地球人の平均より5.5度低い。

偶然カプセルの発掘現場に現れ、卒倒したためダイブハンガーの医務室に運び込まれた。
ペンダントのような笛を身に着けており、GUTSのヤズミ隊員が検索エンジン「アカシック・レコード」でその笛や彼女の姿が様々な時代のあらゆる場所で記録に残っていたことを確認したことで宇宙人だと発覚した。

宇宙からマキーナを呼び寄せ、ダイブハンガーを脱走するが、マキーナを敵と認識したTPCの攻撃に巻き込まれてしまったところをティガに救われる。
ティガを敵と誤解したマキーナを制止させた後、ティガを「ダイゴ」と呼び、マキーナと共に宇宙に帰って行った。

関連タグ

ウルトラマンティガ ウルトラ怪獣

関連記事

親記事

ウルトラマンティガ うるとらまんてぃが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マキーナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2635

コメント