ピクシブ百科事典

ライノダブラー

らいのだぶらー

ライノダブラーとは、『特命戦隊ゴーバスターズ』に登場するダブルモンスター。

CV:鳥海浩輔

概要

宇宙犯罪組織マクー残党軍として活動するサイダブルモンスター
サイのDNA情報を持っており、パワフルな突進攻撃が得意な他、胸部に地軸転換装置が内蔵されており魔空空間を発動させることができる。巨大な剣と盾、角から出すビームが武器。
かつて初代ギャバンが戦ったサイダブラーとの関連性は不明。

夜の森でバード星人シェリーに襲い掛かったが、駆けつけたゴーバスターズによって取り逃がし撤退する。
翌日に宇佐美ヨーコとシェリーの前に現れ、(その際ヨーコに「宇宙窃盗団マルーの残党さん」と間違われた)イエローバスターと戦うが魔空空間を発動させシェリーとイエローバスターを引きずり込み、別の場所で闘っていたブルーバスターダンガンロイド2をも引きずり込んだが、空間に飛び込んできたレッドバスターとギャバンTypeGによってダンガンロイド2を倒される。

その後は様々な分野の優秀な人物を魔空空間内にある魔空牢獄に幽閉し、地球を衰退させて滅ぼそうと企み、ビルの屋上でゴーバスターズやギャバンと戦ったが、ギャバンとレッドバスターの攻撃に押され退却する。
エンターと手を組み、空間管理研究センター管理員を魔空牢獄に送り込み、トップアスリートを誘拐しようとしたが、ゴーバスターズ達とギャバンが駆け付け、彼らを魔空空間へ引きずり込み、3倍に強化された性能でバスターギアが転送できないゴーバスターズを苦しめたが、ビートバスタースタッグバスターと戦っている最中、魔空牢獄にとらわれていた森下トオルによってバスターギアの転送を許してしまい、イチガンバスター・スペシャルバスターモードの銃撃とギャバンダイナミックを受け敗れ去り、魔空空間も消滅してしまった。

直後に地軸転換装置を欲しがったエンターによって「引きずり込む」のメタウイルスをインストールされ強烈な化学反応を起こし巨大化。
地軸転換装置を作動させることで、エンターの意のままに亜空間と魔空空間を現実世界に引き寄せることが出来るようになり、グレートゴーバスターのスタッグランチャーを防御し、ビームと体当たりで苦しめたが、電子星獣ドルのドルファイヤーに怯み、地軸転換装置を狙ったデモリションスラストを受け爆死した。

後に『スーパーヒーロー大戦Z』にてスペースショッカーの怪人として登場した。

関連タグ

ダブルモンスター

コメント