ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:檜山修之

概要編集

テイルズオブリバース』の主人公。18歳。身長183cm。体重71kg。一人称は俺。種族はヒューマ大剣使い。薄空色の長髪三つ編みの髪型。青色系統の服をしている。


」のフォルスの使い手。所有する剣はかなり大振りではあるものの、片手で使えるほどに習練している。


「スールズの村」に暮らす青年両親を亡くし、育ての親である祖父とも死別してしまい、クレア一家に引き取られることとなった。


後に『ラドラスの落日』と呼ばれる大惨事に巻き込まれて自らに氷のフォルスの力が備わってしまい、その能力の暴走でクレアを氷漬けにしてしまう。


それから1年後に村にやって来たマオユージーンの助力でクレアを救い出すことはできたものの、その直後に現れたサレによってクレアが誘拐され、彼女を救うべくマオ達と共に冒険の旅に出る。


好物はピーチパイ。また、歴代主人公の中ではあまり特別な出生を持たない一般人でもある。


性格編集

基本的にテイルズの主人公は熱血バカな面が目立つパターンが多いが、ヴェイグはその中では特殊な主人公であり、寡黙クールな性格をしている。無愛想な性格であまり他人に心を開こうとはしない。


『ラドラスの落日』以降は自らの手でクレアを傷つけてしまったことを後悔しており、より一層寡黙な性格になってしまっていた。氷属性の力を持つのも、その性格を表しているのかもしれない。


しかし、実際は困っている人を放っておけない心優しい性格の持ち主でもあり、その胸に秘めている想いは非常に熱い。内心は熱血なキャラであるとも言える。


元々は種族を意識したことは無かったが、冒険に出るにつれてヒューマガジュマ、双方の種族の間に生じる歪みを直に感じ取ることになり、その中で自らも双方の違いについて葛藤するようになる。


外部作品ではネタキャラ化が進み、大声でクレアの名前を連呼する他、天然なボケ殺しキャラになったり、とにかく無口なキャラになったりしている。


仲間との関係性編集

疑兄妹の関係だが、カップルを飛び越えて熟年夫婦のような雰囲気を醸し出すことも。理屈では語れない強い絆で結ばれている。


クレアの同行期間が短い上に他のキャラがコンビで描かれることが多いため、ヴェイグの相手はマオになることが多い(ウェイターゲームや夢のフォルス等)。この二人だと秘奥義「インブレイスエンド」が出せる。


アニーの日記曰く、憧れめいたものを抱かれている。仲間になる辺りのイベントでアニーに対し「笑った方がずっといい」なんてことを言ってアニーを照れさせたりする。


この二人だと秘奥義「龍虎滅牙斬」が出せる。外伝作品でアニーの秘奥義になることが多い。


互いにしっかりしているのだが、どこか放っておけない親子のような扱い。また、力の強さは認め合っている。


何から何まで正反対だが、どこか似た者同士な親友兼相棒。初めはティトレイに対して苦手意識があったらしい。攻略本の脚本家インタビューではティトレイのコンセプトの一つに「ヴェイグが嫌いそうなやつ」というのがあった程。


テイマガ2012年5月号のキャラクター攻略では、ヴェイグから見たティトレイが「うるさい親友」、ティトレイから見たヴェイグが「ムッツリ親友」と表記されていたりする。『ツインブレイヴ』ではコンビ参戦。


二人ともクールで物静かな性格。「あんた暗いわね」「お前もな」とお互い自身については自覚があるのか無いのか解らない掛け合いをしていたりする。


この二人だと秘奥義「セルシウスキャリバー」が出せる。外伝作品でヴェイグの秘奥義になることが多い。


クレア誘拐に絡んでいたため最初は微妙な空気だったが、後半になるにつれて彼女の過去を許し、認めるようになる。


クレアとミルハウストの事も考えると意図してあるのだろうが、二人ともイメージカラーは青。


性能編集

武器のリーチが長く移動速度も速めであり、多彩な術技とバランスの取れたステータスで扱いやすい前衛キャラ。


「氷」のフォルスを持ち主なので水属性の攻撃が多いのが特徴であり、同時に欠点でもある。水属性に耐性を持つ敵には注意。


シリーズ恒例の特技「魔神剣」を使えない主人公の1人だが、実は特定の装飾品を装備すれば特技「絶氷刃」が変化して使用することが出来る。


主人公かつ扱いやすいので操作するプレイヤーも多いと思われるが、何回か彼が操作出来ない戦闘もあるので、注意が必要である。


ネタキャラ化編集

他人の空似

テイルズオブデスティニー空気王に似ていると公式にまで言われたことがある。


口数の多いキャラでは無いのにも拘らず、お祭りイベントのような特典DVDのスキットに良く出演していた。しかし、アビスにおいて何かと共存ネタを持ちこんだり、イノセンスではクレアの名前を叫び続けたりと、原作弄りが激しくなっていった。


これのせいもあって、『ヴェイグ=クレア連呼キャラ』としてネタにされることがある。これには担当声優の檜山修之氏にもキャラの方向性について苦言を呈されている。


リバースの特典DVDによるとひたすらクレアと叫び続けるのは、特典DVDにおいてどのように活動すれば良いか悩んでいたところに、サレから貰ったアドバイスを鵜呑みにしてしまったかららしい。しかし、そうであってもイノセンスにおける所業はやり過ぎであるが。


マイソロ2の楽屋ネタやメタ発言のオンパレードのオマケストーリーでは、その事を大分引きずっていたようで、アニーに自身の他作品での扱いを挙げ、不遇では無いと言っていた。


他の作品への出演編集

テイルズオブタクティクス

テイルズオブファンダム Vol.1

テイルズオブザワールド なりきりダンジョン2>なりきりダンジョン2

テイルズオブザワールド なりきりダンジョン3>なりきりダンジョン3

テイルズオブザワールド レディアントマイソロジー

テイルズオブザワールド レディアントマイソロジー2

テイルズオブバーサス

テイルズオブグレイセス

テイルズオブアスタリア

テイルズオブザレイズ


テイルズオブグレイセス編集

闘技場のゲストキャラとして登場。

秘奥義は「セルシウス・キャリバー」を単独で使ってくる。


テイルズオブアスタリア編集

第3章『結晶の大地と導きの光』編で主人公の一人として登場する。


テイルズオブザレイズ編集

13章ラストで、ファントムにより、その時点で具現化していなかった大陸が一気に具現化された際に登場。


終章前編「嘘と真実 ~偽りの世界~」で救世軍に攫われたクレアルカを救出するため、セネルと共に加入。


本作で、硬質化、無影・珀翔(無影衝の技変化)、崩龍霧氷剣(絶・霧氷装の技変化)、放電(硬質化の技変化)を新術技として習得。


魔鏡技は「崩龍無影剣」「氷迅絶衝牙」「トリートカウンター」「砕気凍絶斬」「エッジオブアフェイス」「ブレインイーター」「インカーネーションセイバー」、ヒルダとのクロスオーバー魔鏡技で「セルシウス・キャリバー」

「砕気凍絶斬」は精霊装をレアリティ3まで強化すると使用可能になる。


関連イラスト編集

ポプシクルピーチの力をなめるなよ


関連タグ編集

テイルズオブリバース TOR リバース テイルズ

マオ ユージーン・ガラルド アニー・バース ティトレイ・クロウ ヒルダ・ランブリング


ルカ・ミルダ:大剣使いの主人公2人目。


旋風寺舞人:檜山氏が演じる勇者シリーズの主人公。「剣の使い手」「両親を亡くしている」という共通点もある。ただし、こちらはヴェイグとは正反対で熱血な性格である他、祖父は健在である。なお、作中ではアニーの中の人やサレの中の人と共演している。

関連記事

親記事

テイルズオブリバース ているずおぶりばーす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 189046

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました